“ボンビーガール”川口葵が初映画で本格演技に挑戦! テンション低すぎて監督に言われた一言とは!?



2019年にNGT48を卒業した山口真帆さんが、初映画にして初主演に挑戦した注目作『ショコラの魔法』が公開中です。本作は小学館の人気雑誌『ちゃお』に掲載されアニメ化など10年に渡って少女漫画として愛されてきた作品であり、同作には昨年『幸せ!ボンビーガール』に“上京ガール”として出演後、「かわいすぎる」として話題になった“あおいさん”こと川口葵さんも出演しています。初挑戦の映画は、どうやら緊張の連続だったとか。川口さんに話を聞きました。

■公式サイト:https://www.themagicofchocolate-movie.com/ [リンク]



●とても有名な原作ですが、出演が決まった時はいかがでしたか?

わたしも見ていたマンガだったので、出演はすごくびっくりしました。本当にうれしかったです。お芝居がほぼ初めてで、初めての映画出演だったので緊張もしましたが、自分が映画のスクリーンに映る姿を想像してわくわくしました。



●撮影初日の出来事などは覚えていますか?

声が小さく、緊張でテンションも低くて注意されたことを覚えています。4人くらいの高校生が集うなか、一番前で明るく先陣切って教室に入って行くシーンがあるのですが、監督に「テンション低すぎてお葬式みたいです」と言われて、何回も撮り直してしまいました。撮影は本当に緊張しました。

●完成した映画はいかがでしたか?

面白かったです!あの漫画原作からどういう風に実写で映像化していくのかまったく想像ができなかったのですが、チョコレートを食べてから始まるストーリーが本当に漫画のままで、すごく面白かったです!



●演じる中川凛子は、どういう女の子なのですか?

岡田結実さん演じる飯田直さんと同じ新聞部の部活に入っているクラスメイトで、性格はわたしが思うに明るめですね。なので自分とははあまり似ていないかも。でも、違う人間になる作業は楽しかったです。

●ショコラノワールが全開でしたが、気になったシーンはありますか?

壁の絵に吸い込まれる、手を引っ張られるシーンがあるのですが、そこがめっちゃ怖かったです(笑)。音楽も怖いし、びっくりしました。



●哀川ショコラを演じる山口真帆さんの存在感も光っていましたよね。

すごいですよね!原作のミステリアスな感じが映画の中にも出ていたなと思いました。現場ではお会いしていないので、映画で観て服がかわいいなと思いました。

●そう言えばABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』の“あおつな”コンビ、綱啓永さんも出ていますね。

わたしは『ショコラの魔法』の撮影が先で、『オオカミ』の撮影に入った時に綱くんから「ショコラに出るの?」と聞かれたんです。彼は台本を見て、わたしの名前を見つけたみたいです。綱くんは『オオカミ』の撮影の合間に『ショコラの魔法』を撮っていたらしく、あとで同じ作品に出たいたことに気づいた感じでした。



●女優になりたい夢があるということで、今後どういう役柄に挑戦したいですか?

意外な役がいいですね。川口葵が絶対にやっていなさそうに見えるイメージのキャラクターがいいです。たとえば医療系なら助手?お医者さんの役は難しそうなので(笑)。

●最後に将来の夢を聞いてもいいですか?

川口葵と聞いて、誰もが知っている人になりたいですね。頑張ります!

■ストーリー

美しき魔女ショコラティエ・哀川ショコラ(山口真帆)が作るのは、食べるだけで願いが叶う不思議なチョコレート。ある日、哀川ショコラの元に聖蘭学園に通う女子高生が訪れる。その女子高生は、「チョコを食べた者は、お代としてその者の“一番大切なもの”を奪われる」という危険な契約を聞かされるが、彼女は契約を受け入れ、チョコを食べる。そしてその日から、聖蘭学園内に次々と謎の事件が起き…。一方、学園の新聞部に所属する飯田直(岡田結実)はそれらの事件を追う。直は事件に隠された闇深い欲望と、チョコの謎に迫っていくが…。

公開中

(執筆者: ときたたかし)

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ