幽霊になった息子と母の大切な3日間 吉村界人主演『人』、特報&シーンカット解禁

 俳優の吉村界人が主演を務める映画『人』が、2022年夏に公開されることが決定。特報、ティザービジュアル、場面写真が解禁された。

本作は、不慮の事故によって死亡し幽霊になってしまった青年・健一と、幽霊が見える健一の母・彩子、そして既に他界し同じく幽霊となっている父・拓郎の3人が過ごす3日間を描き、「家族とは何か」「生きるとは何か」を問いかけるファンタジー作。

主人公の健一を演じるのは、映画『ミッドナイトスワン』やドラマ『左ききのエレン』などで知られる吉村。健一の母・彩子は田中美里、父・拓郎は津田寛治が演じる。そのほか、健一の旧友の石川役を冨手麻妙、彩子に淡い想いを寄せる青年・高橋役を木ノ本嶺浩、近所の幽霊・田中役を五歩一豊が担当。

監督は、これまで『東京喰種』や『来る』などの制作に携わり、本作が商業映画初監督作となる山口龍大朗。また本作には、岩井俊二監督作品『ラストレター』『チィファの手紙』などで撮影監督を務めた神戸千木、映画『シン・ゴジラ』『ブラックパンサー』などに参加したCGコンポジターの大槻直貴ら豊富な実績を持つスタッフが多数参加している。

千葉県の九十九里浜。実家のサーフショップで働く青年・健一(吉村)は、不慮の事故で命を落とし幽霊になってしまう。幽霊になった健一が実家に帰ると、そこには数年前に他界し、健一と同じく幽霊になった父・拓郎(津田)の姿が。さらに、母・彩子(田中)は幽霊が見えることも発覚し…。

特報は、健一が海辺で歩く場面に「ある日、息子が死にました。」という母親目線のテロップが重なるところから始まる。海へ向かう息子と、必死に彼の名前を呼び掛ける母。その後映像は幽霊の息子と父、そして残された母が、独特な関係を紡いでいく様子が映し出されていく。最後は健一と彩子がタバコを吸いながら会話をする場面に「家族って、死んでもめんどくせぇ」というキーフレーズが重なり幕を閉じる。

ティザービジュアルは、青空の下並んで座る健一(吉村)と彩子(田中)を捉えた、母子の絆を感じさせるもの。場面写真は、彩子や石川(冨手)が葬式会場にいる場面、既に他界し幽霊となっている健一の父・拓郎(津田)らが登場するシーンなどを収めている。

本作について、主演の吉村は「息子と母親の関係、そして父親との別れ際が理想でとても好きでした。監督は人間という対象が本当に好きなんだと思う。生きてんだから、寂しかったらその分泣いてもいいじゃん。という声が聞こえてくるような作品でした。時には、笑えない所を浮かれてやったり、悲し過ぎて通り越して笑ったりする脚本や演出が山口さんの今作の心意気だった気がします。とてもシンプルですが、だからこそ伝わる作品になっていると思います」とコメント。

母親役の田中は「何気ない息子との日常のやりとりのひとつひとつ全てが愛しく感じられた作品」、父親役の津田は「人生のシーズンオフを美しく優しく描いた映画」と語っている。

映画『人』は2022年夏全国順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ