マリーナで地産地消『横浜ベイサイドマリーナマルシェ』7月4日初開催!

IGNITE


海風を感じながら地元のこだわり食材を使ったメニューを味わえるマルシェ登場。



■横浜の海が似合う出店者が集結

横浜ベイサイドマリーナでは、今年から新たに「横浜ベイサイドマリーナマルシェ」を、“海が似合う”をテーマに開催する。



7月4日(日)の記念すべき第1回目では、三浦・金沢地区の地産地消にこだわった食や、海辺にピッタリなアクセサリー、ここでしか味わえない海弁(うみべん)など、横浜の海が似合う出店者が集まる。



近隣施設でショッピングを楽しむファミリーやカップル、日ごろから散歩に訪れる地元の人など、幅広く気軽に楽しめる商品やコンテンツが盛りだくさん。

■海風を感じながらくつろげるテラス席が充実

家族や友人と、ゆったりと海を眺めながら過ごす特別な週末を楽しめる。横浜自慢の野菜、スイーツ、コーヒーやパンなど、地元金沢区・三浦半島の魅力たっぷりの出店者が集まる。



「駅弁」ならぬ「海弁」と呼ばれるお弁当も登場。「海弁」はクルージングのお供に、またマルシェ会場のテラス席で海風を感じて食べることをイメージして本マルシェのために誕生した。

■トヨタ自動車MIRAIと連携したクリーンな自然型マルシェ

日ごろから環境保全活動に取り組んでいる横浜ベイサイドマリーナでは、「横浜ベイサイドマリーナマルシェ」においても横浜市・トヨタ自動車と連携し、キッチンカーなどで使用する電力の一部を燃料電池自動車MIRAIから給電することで、クリーンエネルギーによる運営を実現。



給電の様子を近くで見られることに加え、実際に車に触れることもでき、この機会に未来のクルマを体験できる。



潮風と地元の食材を使った料理を楽しむ休日を過ごしてみよう。

「横浜ベイサイドマリーナマルシェ」

日程:第1回7月4日(日)、第2回9月12日(日)、第3回11月14日(日)
会場:横浜ベイサイドマリーナ前 ボードウォーク
料金:入場無料
出店:テントエリア(物販)キッチンカーエリア(調理系)合計約25店舗
備考:新型コロナウイルスの影響や雨天または強風により中止になる場合がある



横浜ベイサイドマリーナ:https://www.ybmarina.com/

(MOCA.O)

※開催状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ