「時間を無駄にしがちな人」が無意識に行なっているNG習慣5つ


時間はたっぷりあったはずなのに、なぜか仕事が捗らない。

その原因は、無意識に行なっている習慣にあるかもしれません。

今回は「時間を無駄にしがちな人」が無意識に行なっているNGな習慣と、その対処法を紹介します。

▼6月特集『1440分の投資戦略』にもヒントがあるかも!▼

1. デスクが散らかっている


ケーブルがごちゃついていたり、書類が山積みになっていたりしませんか?

デスクを整理することで、頭のなかもスッキリしますよ。

2. 隙間時間をSNSやネットに費やす


移動中や小休憩、なんとなく携帯をいじって時間を潰していませんか?

その時間を有効に使うか否かが、数ヶ月後、1年後に差となって表れてくるかも。

3. 1日の予定を立てない


無限にあるように思われる時間ですが、予定をしっかり立てると、意外と余裕がないことに気付かされることも。

ざっくりでいいので、大まかな予定を立てることはとても大切です。

4. NOと言えない


断りきれずについつい仕事を引き受けてしまうお人好しな人は要注意。

常に「自分の時間を自分自身でコントロールする感覚」を持ちましょう。

ビジネス界の偉人たちも「NO」を大切にしている! >>

5. 先延ばしにする


いつかはやらなければいけない、でも今はやりたくない…とズルズル先延ばしにしている時間は、間違いなく無駄なもの。

なるべく小さなタスクに分割すると、比較的取り掛かりやすくなるようです。

「未来の自分を幸せにする」気持ちを持つのも有効かも>>

心当たりがある習慣はあったでしょうか。

環境や性格も関係してくるので、なかなか簡単に改善できるものではないですが、少しずつ意識していけたらいいですね。

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ