乙武洋匡にツッコミ殺到!“人気ユーチューバー”に感謝も「皮肉でしょ…」

まいじつ

乙武洋匡にツッコミ殺到!“人気ユーチューバー”に感謝も「皮肉でしょ…」 
(C)pathdoc / Shutterstock 

作家・タレントの乙武洋匡が、6月18日に更新した自身の公式YouTubeチャンネルで、物申す系ユーチューバー・シバターへの感謝を述べた。しかし、ネット上ではこれに鋭い指摘が相次いでいる。

乙武は『【シバターに告ぐ】この5年間、ずっと言いたかったことがある。』との動画を投稿し、「シバター、ありがとう」と率直な感謝を述べる。何でも、参議院選挙出馬が内定していた2016年、5人もの女性と不倫していたことが発覚し、バッシングを受けていた時に彼から助けられたのだという。

シバターはスキャンダル直後、《シバターは5人と不倫した乙武洋匡さんを尊敬します!》と煽りとも取れる動画を投稿。その中で乙武を「純粋に魅力的な男性だった。それだけの話」と擁護し、「女性は自分の遺伝子を残すために、身体的に優秀な男性を求めるもの」「手足がないというマイナスを上回るほどの魅力が乙武さんにあったということで、男として尊敬してる」など、煽るような表現を交えつつ称賛していたのだ。

逆張りで発した意見を真に受けている?


乙武はこれを目にした時の心境について、「嬉しかったよね。反省しなきゃいけないんだよ? そういう批判一色の中で、『応援してるよ』っていう気持ちが伝わってきた」「あったかい人なんだなと伝わってきた」と回顧。しかし、シバター本人とはまだ一度も会ったことがないそうで、「いつかどこかでお会いして、直接、お礼を言うことができたらと思っています」とコラボを申し出たのだった。

一見すると心温まるこの光景だが、シバターの言葉を額面通り受け取るのはいささか問題なようで…。

「シバターは世間とあえて逆のことを言い、話題を誘うことで再生数を稼ぐユーチューバー。かつてはヒカキンの著書を酷評のうえライターで燃やすパフォーマンスをし、最近も、世間で物議を醸す不登校ユーチューバー・ゆたぼんを『学校に行かなくていい』と、チャンネル乱立で大バズリしているひろゆき切り抜き動画を『いらない』と評しています。まぁ言ってしまえば、〝炎上系〟一歩手前の芸風なんです」(ITジャーナリスト)

ネット上にも、シバターの意見をそのまま受け取る乙武に、

《あえて周りと違う意見を言って、目立って再生回数を稼ぐいつもの炎上商法しただけだよ》
《ただ逆張りしたかっただけ 擁護とかやさしさとは違う》
《シバターの話なんて逆バリの世間とは反対の意見を言ってるだけなんだから乙武さんのことなんか何にも考えてないよ 世間が擁護してたら、批判してただけだし》
《いや、あれはどちらかと言うと皮肉っぽかった気がするんですが…》
《『5人と不倫した乙武洋匡さんを尊敬します』これを応援と捉えて感謝して良いのものか やっぱりこの人ってズレてる》

などと鋭い指摘が殺到。

弱っている時で身に沁みたとはいえ、手放しで喜ぶのも考えものだ。

【画像】

pathdoc / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ