個々の演技が光る『King & Prince』メンバー出演のおすすめドラマ6選

Oh!My!ドラマ

 

2021年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーに選ばれ、さらに注目度が高まっているアイドルグループ『King & Prince』。それだけでなく、メンバーの髙橋海人さんは今週最終回を迎えるドラマ『ドラゴン桜』、永瀬廉さんはNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』、岸優太さんは6月からスタートした月9ドラマ『ナイト・ドクター』に出演中。そして神宮寺勇太さんは8月スタートのドラマ『准教授・高槻彰良の推察』に出演が決まっており、平野紫耀さんは8月公開の映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ファイナル』で主演を務めています。

今回は、そんな『King & Prince』のメンバーが出演したドラマの中から、特におすすめの作品を6本紹介したいと思います。

 

 

癒やし系に見えるけど実はしっかり者の弟を演じた『姉ちゃんの恋人』

 

岡田惠和さんが脚本を担当。一家の大黒柱として働く姉に恋人ができるまでを描いた有村架純さん主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』。

両親を交通事故で亡くした安達桃子(有村架純)は、大学進学を諦め、弟3人を養うためホームセンターで働く27歳のベテランスタッフ。弟たちのため、一家の大黒柱として働くことに夢中でしばらく恋からは遠ざかっていた。
そんなある日、職場で出会ったのは、配送部として働いている吉岡真人(林遣都)。ある仕事で自分が考えていたコンセプトとまったく同じ提案をした真人にドキッとした桃子は、その後も何度か会話をしていくうちに惹かれていき、ついに告白。
しかし、真人からの返事は「自分にはそういう資格がない」という言葉。その真意は何なのか。彼からその理由を聞くと、衝撃的な過去が明らかになり……。

このドラマに出演していたのは髙橋海人さん。安達家の長男・和輝を演じました。普段は明るくて強気に振る舞うけれど、実はもろい姉を支えるしっかり者。亡くなった両親の代わりになろうと必死に生きてきた姉の姿を見てきただけに、幸せになってほしいと切に願っています。
そのため、彼女が好きになった真人の人柄に触れ認めるものの、本当に桃子を幸せにしてくれるのか、直談判しにいくシーンも。

本作では、実は一番意志がはっきりしているのでは?と思う人物を見事に演じきっています。でも、髙橋さんの雰囲気も相まって、癒やし系のキャラクターに仕上がっているところも魅力。
そんなところに注目しながら、ストーリーも楽しんでください。

『姉ちゃんの恋人』
■放送:2020年10月~12月 フジテレビ系
■キャスト:有村架純、林遣都、奈緒、髙橋海人(King & Prince) ほか
■スタッフ:脚本・岡田惠和/演出・三宅喜重 ほか
■公式:https://www.ktv.jp/anekoi/
■視聴できるVOD:Amazon Prime Video、FOD PREMIUM、dTV、TELASA、Netflix、U-NEXT

 

何かと事件に巻き込まれる肉体派の警察学校生を演じた『未満警察 ミッドナイトランナー』

 

まだ警察学校に通う生徒なのに、出くわした事件に首を突っ込んでは解決へ導いていくサスペンスドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』。
韓国映画が原作ですが、そこで描かれた事件だけでなくオリジナルのストーリーも展開される作品です。

就職に失敗し、警察官を目指し警察学校に入った本間快(中島健人)と、亡くなった兄の夢を追い、警察官になろうと入学した一ノ瀬次郎(平野紫耀)。
頭脳派で何かと慎重で神経質な快に対して、肉体派で即行動、そして快活な次郎。何もかも正反対なふたりは、寮で同室になる。
たまたま寮の部屋から見えたアクアショップで起こった出来事をきっかけに、何かと事件に巻き込まれるようになったふたりはタッグを組み、快の頭脳と次郎の行動力を活かし、複雑な事件を解決に導いていくが……。

本作で一ノ瀬次郎を演じたのは平野紫耀さん。中島健人さん演じる快のバディで、頭よりも先に体が動いてしまうタイプ。大抵、快が止める間もなく行動に移してしまいます。

快とバディを組んで事件を解決していくところだけでなく、肉体派ということでアクションシーンが盛りだくさんなのもみどころ。追われているところを華麗にすり抜けたり、迫力ある乱闘シーンもあるので、その点の演技も楽しめるはずです。

数々起こる事件の真相や平野さんの肉体派な警察学校の生徒ぶりに注目です。

『未満警察 ミッドナイトランナー』
■放送:2020年6月~9月 日本テレビ系
■キャスト:中島健人(Sexy Zone)、平野紫耀(King & Prince)、吉瀬美智子、原田泰造 ほか
■原作:“Based on the film “Midnight Runners”,directed by KIM Joo-hwan,produced and distributed by Lotte CultureWorks Co., Ltd. and Movie Rock.”
■スタッフ:脚本・渡辺雄介/演出・南雲聖一 ほか
■公式:https://www.ntv.co.jp/mimankeisatsu/
■視聴できるVOD:Hulu

 

クラスの意地悪なリーダーを熱演した『俺のスカート、どこ行った?』

 

高校にゲイで女装家の先生がやってきたことで、学校で起こっている問題が解決していく物語を描いた古田新太さん主演のドラマ『俺のスカート、どこ行った?』。

ゲイバーを経営していた原田のぶお(古田新太)は、店の常連である校長のおかげで、夢だった高校教師に。しかし、担任を務めるクラスにはいじめや不登校、仲間割れ、家庭への悩みを抱える生徒などさまざまな問題が発生していた。それを破天荒だけどなぜか心に響く方法でのぶおが解決していく。
最初は不審がっていた生徒の反応も次第に変化していき、ようやくクラスがまとまりのぶおとの信頼関係も出来上がりはじめた途端、彼は「学校を辞める」と宣言。のぶおには、教師を目指したある理由があるようで……。

本作で、のぶおの生徒でクラスのリーダー的存在である明智秀一を演じたのは永瀬廉さん。立場が弱いクラスメイトをターゲットにしていじめたり、のぶおを辞めさせられるか仲間と賭けをしていたり意地悪な行動を繰り返しています。そんな彼は、家庭に複雑な事情を抱えており、それをのぶおに助けられたことによって、ようやく高校生らしい表情へと変化していきます。

序盤は眼光鋭く、何を考えているのかわからない生徒だったのが、のぶおと打ち解けてから柔和に変わっていく演技が絶妙です。
その永瀬さんの演技力と、のぶおのハチャメチャだけど心に刺さるメッセージ性あるストーリーも魅力的な作品です。

『俺のスカート、どこ行った?』
■放送:2019年4月~6月 日本テレビ系
■キャスト:古田新太、松下奈緒、白石麻衣、永瀬廉(King & Prince) ほか
■スタッフ:脚本・加藤拓也/演出・狩山俊輔、水野格
■公式:https://www.ntv.co.jp/oresuka/

 

実はヘタレな学園のリーダーを演じた『花のち晴れ~花男 Next Season~』

 

神尾葉子さん原作のマンガを、杉咲花さん主演で実写化したドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』。神尾葉子さんの代表作『花より男子』の数年後を描いた作品になっています。

生粋のお嬢様である江戸川音(杉咲花)は、かつてF4が牛耳っていた英徳学園に通っている。……が、実は父の会社が倒産し貧乏生活を送っていた。自分が“隠れ庶民”だとバレると、F4卒業後の英徳を仕切っているC5により、生徒を退学させる“庶民狩り”にあってしまう。神楽木晴(平野紫耀)率いるC5に怯えながら、なぜ音が英徳に通い続けているかというと、今の生活を抜け出すためには婚約者である馳天馬(中川大志)と結婚しなければいけないから。しかし彼と結婚するためには、英徳を卒業することが条件なのだ。
そんなある日、音はコンビニでバイト中にあろうことか晴にその姿を見られてしまい絶体絶命のピンチに。
しかし一方の晴は、コンビニで受け取った通販の中身を音が知り、開運グッズに頼っているヘタレキャラなことがバレたのではないかと焦っていて……。

本作に出演したのは平野紫耀さん。C5のリーダーである晴を演じました。F4のリーダー・道明寺司に憧れ、リーダーシップを取れるように武勇伝を広めたものの、実は本番と喧嘩に弱く、つい開運グッズに頼ってしまうヘタレ。
でも、音と出会ったことでそのキャラクターも徐々に変わっていきます。

一見クールだけど、実は弱気で音の前だと空回りしがち。しかもドジな言動もあるというギャップを平野さんが好演しています。音と天馬と晴の三角関係はどうなっていくのか……。ぜひ、堪能してください。

『花のち晴れ~花男 Next Season~』
■放送:2018年4月~6月 TBS系
■キャスト:杉咲花、平野紫耀(King & Prince)、中川大志、濱田龍臣 ほか
■原作:神尾葉子『花のち晴れ~花男 Next Season~』
■スタッフ:脚本・吉田恵里香/演出・石井康晴 ほか
■公式:https://www.tbs.co.jp/hana_hare/

 

主人公たちの関係が気になるクラスメイト役を演じた『黒崎くんの言いなりになんてならない』

 

マキノさんの同名マンガを小松菜奈さん主演で実写化した『黒崎くんの言いなりになんてならない』。映画公開に先駆けて放送されたドラマなので、その導入となるようなストーリーです。

地味キャラでいじめられていた赤羽由宇(小松菜奈)は、転校デビューしようと、メガネを外し、メイクもして全寮制の春美高校へ転校してくる。しかし転校早々、副寮長で“黒悪魔”と呼ばれている黒崎晴人(中島健人)に目をつけられ、「お前は俺の奴隷」とまで言われてしまう。そんな由宇に優しくしてくれるのは、晴人の親友で寮長でもある“白王子”こと白河タクミ(千葉雄大)。
晴人の無茶な命令に従いつつも、タクミの優しさに癒やされる由宇。そんなときに、タクミから疑似恋人ゲームをしようと提案される。しかし、容赦なく命令してくる晴人の存在も気になってしまい……。

本作に出演しているのは岸優太さん。由宇や晴人、タクミと同じ寮に住み、クラスメイトでもある梶祐介を演じています。
晴人にかつて助けられたことから彼の信者になった梶は、由宇が転校してきたことで、晴人が変化していく様子を陰からチェックしています。

登場頻度は多くないですが、由宇がタクミとデートしているところを尾行し、仲間たちと観察。ひょっとしたらそのふたりのデートに心中穏やかではない晴人の心配をしている……?と思えるシーンも。

由宇と晴人とタクミのもどかしいシーンを盛り上げるような存在でもあるので、その点に注目しながら、作品を楽しんでください。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』
■放送:2015年12月 日本テレビ系
■キャスト:中島健人(Sexy Zone)、小松菜奈、千葉雄大、高月彩良 ほか
■原作:マキノ『黒崎くんの言いなりになんてならない』
■スタッフ:脚本・松田裕子/監督・河合勇人
■公式:https://www.ntv.co.jp/kurosakikun/

 

荒々しいバンドマンを演じた『SHARK ~2nd Season~』

 

2014年に放送されたデビューを目指すバンドマンを描いた『SHARK』の続編『SHARK ~2nd Season~』。

デビューしたばかりのロックバンド『Cloud 5』のリーダー入江朔(重岡大毅)は、インディーズ時代と違い自分たちが作った曲ではなく、売れるためにプロデューサーが手掛けたものであることに葛藤していたが、次第に納得。一方、結成メンバーである親友の進藤皓太(安井謙太郎)は不満を抱いていた。そのせいで朔とぶつかり、皓太はグループから脱退することに。
その後、『SHARK』のメンバーだった萩原海(濵田崇裕)が加入することになり、新生Cloud 5に! そんななか彼らのライバルバンドとして突如『Behind the Scene』が現れる。なんとそのメンバーには皓太の姿が。しかもプロデューサーはCD発売やグループ解散をかけて、彼らと対決する仕掛けを用意していて……。

本作に出演したのは神宮寺勇太さん。Cloud 5のライバルバンドであるBehind the Sceneのメンバー・東礼央を演じました。この役ではバンドマンらしく金髪姿で登場。同じポジションのギターとして皓太が加入したことに不満を募らせ周囲に当たる、荒々しい役柄です。

主人公たちのバンドを脅かすグループでもあるので、尖った演技をしているところに注目です。また、同じバンドメンバーとして、King & Prince元メンバーの岩橋玄樹さんも出演しています。
デビュー後も迷いがあるCloud 5がどう進化していくかというストーリーもおもしろいので、その点もチェックしながらぜひ観てみてください。

『SHARK ~2nd Season~』
■放送:2014年4月~7月 日本テレビ系
■キャスト:重岡大毅(ジャニーズWEST)、濵田崇裕(ジャニーズWEST)、神山智洋(ジャニーズWEST)、山下リオ ほか
■スタッフ:脚本・桑村さや香 ほか/監督・西村了 ほか
■公式:https://www.ntv.co.jp/shark2/

 

 

観るたびに演技が進化!

King & Princeは、グループで活動すると仲が良くまとまっていますが、俳優としてそれぞれドラマに出演すると、そのフィールドでも巧みな演技力を見せてくれます。
しかも、新作を観るたびに進化しているのもおもしろいところ。6月からスタートした『ナイト・ドクター』では岸さんがメインキャラクターのひとりとなり、救急医療に葛藤する医師を熱演しています。
今回ご紹介した作品を堪能しつつ、さらに最新の作品で演技に磨きがかかっている姿にも注目してください。

WRITER

  • Togawa Hikari
  •        

  • 女性サイトの編集を経てフリーライターに。女性向けのライフスタイル系記事や、ドラマ好きが高じてレビュー記事を手がけることも多いです。伏線ありの、うまくつくられた物語が大好物。過去のドラマの掘り起こしも大好き。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ