「俺の彼女がかわいい…!」男性が彼女に胸キュンする瞬間

愛カツ


「彼氏があんまり好きって言ってくれない」、「なんだか自分ばかりが彼を好きみたい……」

こんなふうに、彼氏との間に温度差を感じたことはありませんか?

男性はたとえ愛情表現が少なくても、じつは密かに「かわいいなあ」と情熱的な思いを抱くことがあるのです。

今回は、男性が彼女に胸キュンする瞬間をご紹介します。

「俺の彼女がかわいい…!」男性が彼女に胸キュンする瞬間

■ 急にあだ名で呼ばれたとき

いつもは「◯◯くん」と呼んでいるのに、たとえば「◯◯たん」など、ふいにいつもとは違う甘めのあだ名で呼ばれると、男性はキュンとするはず。

そんな照れくさい変なあだ名はまずほとんどの人が「人前で呼ばれたら恥ずかしい……」と感じます。

また「言う方だって恥ずかしいはず」と思う可能性が高いでしょう。

だからこそ「ふたりだけのひみつ」感が高まり、ふたりの世界がより濃厚になっていく感覚を覚えるのです。

こんな呼び方は、スキンシップの後など、お互いの気持ちが通じ合っているなと思えるようなときにするのがベスト。

彼のテンションが低いときにやってしまうと、ただ白けるだけで終わる可能性があるので注意しましょう。

■ 彼女からボディタッチされたとき

気まずい空気から一転、愛情を確認できた瞬間は、男性にとって「かけがえのない幸せ」を感じるもの。

「あっ、会話途切れちゃったな」「私と一緒にいてつまらない思いをさせていないかな」……そう思う瞬間は、何度かあると思います。

そんな空気は彼だって感じているはず。

ここであなたからそっと手を握るなどの愛情表現をすれば、彼は「いま、ここに愛がある」と確信を持ち、キュンとするのです。

これはお付き合いが長く続いているカップルにも言えること。

会話が続かない時は彼の手を握ったり、ボディタッチをしたりして、さらに愛を深めましょう。

■ 彼女から褒められたとき

「◯◯くんなら絶対大丈夫だよ!」「◯◯くんみたいな人はほかにいない!いつもありがとう」

このように、彼女が自分に太鼓判を押してくれたようなときも、男性にとって胸キュンポイント。

男性は、女性から褒められるというシチュエーションに慣れていない人が多いです。

そんななか、自分の選んだ彼女が自分を本気で肯定してくれたら、ただ太鼓判を押されて自信がついただけではなく、「この子を選んで良かった」と確信を持つことも。

そんな気分にさせてくれた彼女に対する愛情も倍増するはず。

お付き合いが長くなると「私があなたを肯定していることは言わなくてもわかっているでしょ」という気持ちになりがちです。

愛を長続きさせるためにも、「あなたのような素晴らしい人を選んで良かった」という気持ちを、定期的に表現するようにしてみましょう。

■ ずっと仲良しでいるために…

男性のなかには、シャイだから愛情表現をあまりしないという人がけっこういます。

そんな人でも、彼女の「愛」を感じたときには、それに敏感に反応し、キュンとしてしまうのですね。

彼のほうがあんまり愛情表現をしてくれないからといって、それを責めたり、愛を与えるのをやめてしまうことはNG。

ずっとラブラブでいるために、彼をキュンキュンさせちゃいましょう!

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

●俺、幸せ者だな…男性が「この人と付き合ってよかった」と感じた瞬間

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ