福田萌の“海外生活事情”に反響「自慢したいだけ?」「気の毒だ…」

まいじつ

福田萌の“海外生活事情”に反響「自慢したいだけ?」「気の毒だ…」 
(C)まいじつ 

一家でシンガポールに移住したお笑いコンビ『オリエンタルラジオ』中田敦彦の妻でタレント・福田萌が6月20日、週刊誌のオンライン取材に登場。〝海外生活〟の利点と欠点を明かし、ネット上ではさまざまな声があがっている。

現在、福田の住むシンガポールでは5月16日から6月13日まで〝ソフトロックダウン〟を実施。同国での生活がもうすぐ3カ月になる福田は「外食禁止で個人の集まりは2人までに制限され、マスクを着用していないと罰金。マスクをしていても鼻が見えただけで見回りの職員から注意を受けた話や、ロックダウン中にハメを外した外国人に国外退去命令が出た話を聞きました。日本の緊急事態宣言時よりもかなり厳しいと思いましたね」と振り返った。

ほかにも大変なことがあったといい、先に移住を始めた中田の後を追った福田が3月21日、シンガポールに到着した際、ホテルで2週間の隔離生活を強いられたという。そして4月5日からシンガポールで一家4人の生活がスタートしたが、赤道に近いため午後4時半でも33度と日本の真夏並み。「自宅から約5分のスーパーに行って帰ってくるだけでヘトヘトになる。日本では味わったことのない感覚で戸惑いました」と胸の内を吐露した。

一方で移住したメリットとしては、「夫は自宅で仕事をしているので、会話が増えて『家族の絆が深まったね』と話しています。娘は『話したいときにパパがいるから、うれしい』とすごく喜んでいるんです」とコメントした。

中田敦彦の“不満暴露”がいまだに話題に…


福田のインタビューに対し、ネット上では

《シンガポールでガッツリ節税して溜め込んだ後、子どもが徴兵されそうになると日本へ復帰か? 計算通りの生活でいいな》
《土地柄もろくに知らないクセに、さも長期滞在者のように語るのはどうなの? 単なる旅行者気分の雑言葉に、日本の駐在員が呆れてますよ》
《個人の選択だから何しようと自由だと思う。だけどわざわざ報告する必要もないんじゃ? ちょっと理解に苦しみます》
《結局何がしたいんだろう。芸能活動続けるつもりもなく腰を据えるつもりならいちいち発信するのはなぜなのか。自慢したいだけだよね?》

などといった厳しい声が散見される。しかし一方で、

《この間ラジオのゲストでリモート出演してたけど全部旦那の言いなりって感じで少し気の毒だったな…》
《何か幸せじゃなさそう。幸せアピールの仕方に必死感がある》
《ここの夫婦って2人で話し合うとかじゃなく、旦那の考えた「俺が思う最高の道」に妻が頑張ってついて行ってる気がするわ》
《前に中田に横暴ぶりを一方的に暴露されてからすごく大人しくなったよね。前は福田萌も不満をメディアに披露してたけど今は一切悪く言わなくなったし…》

などと福田に対し同情の声も聞こえてくる。

「福田と中田は2012年に結婚。今年で9年目になりますが、18年10月に中田が『日経DUAL』の取材で『妻のストレスが最大化していた』『良い夫をやめた』などと、福田に対する不満を暴露。これに対し、福田は翌日、自身のツイッターで《私が完全に夫に甘えてました》と公開謝罪したことが話題になっていました。夫婦間の問題なので第3者が首を突っ込むところではありませんが、福田がSNSで〝夫婦仲良しアピール〟をすると同時に、〝顔の疲れ〟なども指摘されていることから、夫婦仲に亀裂が入っているのではないかと危惧する声は止まないようです」(芸能関係者)

今年3月には『週刊女性』の『芸能人「離婚しそうな夫婦」ランキング』10位に名が挙がってしまった福田。このまま中田と円満な関係を築ければいいのだが…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ