【P1Harmony】シリアス? コメディ? メンバーの怖いものって?【ロングインタビュー】

ウレぴあ総研

P1Harmony
FTISLANDやCNBLUE、SF9らを擁するFNCテンターテイメントから、昨年10月にデビューした大型ルーキーP1Harmony(ピーワンハーモニー)。4月に2ndミニアルバム『DISHARMONY:BREAK OUT』をリリースした彼らに直撃! 6月22日発売の『韓流ぴあ』7月号と合わせて、楽しいインタビューをお届けします!!

――5月15日にデビュー200日を迎えました。おめでとうございます!

(全員、わぁ~!と歓声をあげながら拍手)

ギホ
――これまでのお仕事やステージの中で、特に思い出に残っているのは?

ギホ:僕は、1stアルバムのショーケースです。今は、ファンの皆さんの前に立てる機会ってそんなにないじゃないですか。僕たちが真剣に歌って踊る姿を直接見る機会があまりない中で、ショーケースはすごく重要な場所だったと思うんです。特に、デビューショーケースは、“P1Harmonyというグループが世に出た”ことを世間に知らせる場だったので、待ちに待った瞬間でしたし、インパクトがありましたね。

テオ:実は、ショーケースの前に、V LIVE(動画配信サービス)配信を行ったんです。デビュー1週間前くらいだったかな。まだデビューもしていないのにたくさんの人が観に来てくれて不思議でした。これから頑張ろうという気持ちになりましたね。

ジョンソプ:僕はやっぱり、2ndミニアルバム『DISHARMONY:BREAKOUT』のショーケースですね。

インタク:僕も、僕も!

ジョンソプ:P1ece(ピース:P1Harmonyのファンの愛称)の皆さんをはじめ、多くの方に、新しいアルバムと僕たちが一生懸命練習してきた成果を初めてお披露目する場だったので特に印象に残っています。

インタク
インタク:1stアルバムの時にショーケースというものを経験していたので、そこまで緊張しないと思っていたのですが、がっつり緊張しました。えへへ。1stアルバム時のショーケースの緊張度が100だとしたら、2ndは60くらい(笑)。40は余裕ができましたね。

ジウン:僕は(今年1月の)オンラインファンミーティング。本番はもちろん準備をする間もとても楽しくて。ライブをしたり、トークをしたりゲームをしたり、たくさん笑いました。多くの方が見てくださったこともうれしかったし。ファンの皆さんに直接会う日が楽しみになった一日でした。

――2ndミニアルバム『DISHARMONY:BREAKOUT』のタイトル曲『Scared』は、中毒性の高いメロディと力強いラップ、アグレッシブなパフォーマンスが融合した、皆さんのパフォーマンス力が光る一作ですね。

ギホ:自分が望む道や自分が望む方向に向かって勇気を出して歩いていこう、恐れず歩もうというメッセージを込めました。

インタク:サビの部分の『コプ・ナ・ニ(発音上ではコムナニ)』では、両手を開いて相手を怖がらせるような振り付けがあります。皆さんも簡単にまねができるので、鏡の前でやってみてください。

ソウル:ほかにもアメリカンフットボールを取り入れた振り付けもあるので、チェックしてくださいね。

ジウン
――ところで、皆さんには「怖いもの」がありますか?

ジウン:僕は「発展し続ける」が生きるテーマなので、自分が成長できなくなることは恐怖ですね。例えば、歌手なのに喉を痛めて歌えなくなったとか。納得いくまで練習が出来ていなくていい評価をもらえる自信がない時は、ステージに上がることが怖いと思うことも。そういう時には、普段よりももっとパフォーマンスに集中して曲の世界に入り込むことで、自分の中の『恐れ』を消すようにしています。

インタク:何となく分かるな。ジウンの話に少し似ているかもしれませんが、僕は『失望』が怖いです。自分自身に失望するのも怖いし、人に失望されるのも怖いし。だから、失望をしたりされたりしないように、できるだけ真っ直ぐに生きようと努力しています。小学生のころ怖かったのは、給食。というのも、僕は当時、野菜が苦手だったんです。特にタマネギ! ハンバーガーに入っているタマネギすら、必ず取り除いてから食べていましたもん。僕の学校では、給食を完食しないと家に帰してもらえないんです。それで泣く泣く食べていた思い出があります。野菜嫌いはもう克服しましたよ。タマネギも、今では大好きです。

ソウル:僕は「人の視線」が怖いと思っていたことがありました。僕のほうを見て笑ったりしているのを見ると、何か悪いことを言っているんじゃないかと被害妄想で勝手に嫌な気持ちになったり。今では、僕のことを笑って見てくる人がいたら、逆にニコッと笑い返しますけどね!(笑)

テオ:僕は虫! 特に羽がある虫が苦手です。スズメバチとか……。

キホ:蝶も?

テオ:うん。飛ぶ虫は全部! 何か……、僕を攻撃してくるような気がするんだよね。

ジョンソプ:分かる! 僕も虫、嫌い~。僕の場合、人間に迷惑をかけない虫もぜ~んぶダメで。見るだけで鳥肌がたっちゃう。

テオ
テオ:それは重症だ(笑)

ギホ:僕は海ですね。深くて冷たい海。トラウマがあって、シュノーケリングでさえもできません。テレビに海が出てくるだけでもチャンネルを回しちゃうし。ほかには鬼電(笑)。ふと気付いたら、携帯に電話やメッセージがたくさん来ていると、「俺、何かした!?」「何事!?」って焦っちゃう。朝起きたら、仕事や誰かとの約束の時間がとっくに過ぎていた時も、恐怖でメンタル崩壊します。

ジョンソプ:予定されていた仕事が全部終わって、やっと宿舎に帰れる! とホッとしたら、「今から練習するぞ」と言われたときもホラー(笑)

(全員、大爆笑)

ソウル:僕、もう一つ克服した「怖いもの」がありました! 金縛りです‼

(全員、ぽかん)

ソウル:僕、昔からよく金縛りにあうんです。昔は怖かったんですけど今は平気になりました。怖いものも、やり続けていけば慣れていくものなんですね。

ジウン:金縛りって、慣れるとか克服するとか、そういう問題じゃない気もするけど……(苦笑)

――6月といえば、日本も韓国も梅雨の季節です。皆さんは雨の日は好きですか?

(インタク、ジウン、ソウル、ジョンソプ)好きで~す!

ギホ:NO!

テオ:僕も、ものすご~く嫌いです。みんな嫌いだと思ってた!

インタク:雨の降る日に外出するのは嫌だけど、家で雨音を聞くのってよくない? 雨の日ならではの、湿っていて冷んやりした空気や葉っぱの匂いも好きだな。

ジウン:(日本語で)インタクサン、ロマンチックガ~イ! 僕も雨の日は好きですね。雨の匂いは気持ちを落ち着かせてくれますし、悩みをすべて流してくれる感じがします。(自分を指差して)ロマンチックガイデス。

インタク:(日本語で)イケメ~ン。

ギホ:僕が雨の日が嫌いな理由は、雨の日は疲れやすくて、気分もどんよりするから。でも、インタクが話していたように、ベッドに横になって雨音を聞いているのは好きです。テオ 僕は雨の日って外に出られないのが嫌なんだよね。僕、外で遊ぶのが好きだし、とにかく動いていたいタイプなので、制限されちゃうと悲しくなるんです。

ソウル
ソウル:僕は雨が降っていても外に出ちゃうけどね。フードを被っていれば、何てことないよ。

ジョンソプ:うんうん。傘を差して散歩するのも気持ちいいし。

テオ:靴下がびしょびしょに濡れるじゃん! やっぱり僕は、家でじーっとしていたいです。

ギホ:確かに雨の日は家でゆっくりするのが一番だよね。雨音を聞きながら料理をしたり、本を読んだり、ネットサーフィンをしたり。

テオ:ゲームをしたり。

インタク:映画を見たり。ロマンチックコメディとかラブストーリーとかあんまり刺激的じゃないもののほうがおすすめかも。

ジウン:スタジオジブリは心が優しくなるような作品が多いので、幸せな気持ちになれるんじゃないかな。おつまみにジョン(韓国式お好み焼き=チヂミ)があったら最高!

ジョンソプ
ジョンソプ:何か突然、ジョンを焼く音が聞きたくなった!

キホ:僕はジョンが食べたくなった!

ソウル:僕はやっぱり、雨でも外に出ることをおすすめします。雨の日って、楽しいことってたくさんあるんだよ。傘で戦うとか。

テオ:は、はい~???

ソウル:傘を開いたり閉じたりして、水滴を飛ばしあって戦うの。日本にいた時、友達とよくやっていたんですけど、めちゃくちゃ楽しいんです。メンバーとはまだやったことないんですけど。

ジウン:(日本語で)タノシソウ♪ 今度、ザーザー振りの日に、みんなでやろう。真剣勝負!(笑)

(ほかのメンバー、苦笑い)

――雨の日の思い出はありますか?

テオ:中学のころ、夏休みに友人たちとエバーランド(遊園地)に行ったのですが、バイキングに乗るために2時間並んだのにもかかわらず、僕の順番の直前にいきなり暴雨が降り出して、運行中止になってしまったという悲しい思い出があります。

ギホ:あ~。テオがかわいい顔して並んでいる姿が想像できる(笑)。結局、乗れずじまいだったの?

テオ:幸い、しばらくして雨が止んで乗ることができたんだけど……。1日中並んで、たった1回だよ(笑)

ソウル:オーマイガッ!

ジウン:メンバーとの思い出だと、初めて宿舎に入った日、日用雑貨を買うためにメンバー全員で、雨の中大型スーパーに行ったこと。大きな荷物を持って、びしょびしょになりながらタクシーから降りて、マンションのロビーに入っていった光景を今でも鮮明に覚えています。大変だったけど、幸せな一日でしたね。

インタク:みんなで雨の日にカリビアンベイ(野外プール施設)に行ったよね。一昨年だったかな、もっと前だったかな。休みがその日一日しかなかったので、雨予報なのは分かっていたけど、強行して。意外に人も出ていたし、雨効果もあって普段よりも楽しく遊んだ覚えがあります。

(メンバーたち、ウンウンと頷く)

テオ:またカリビアンベイのとんかつが食べたいなあ。

ギホ:本当に! あの時、何であんなにおいしく感じたんだろう。

ジウン:気分じゃない?(笑)。早くまた、外で思い切り遊びたいですね。

ソウル:傘バトルからお願いします!

元気いっぱいP1Harmonyのインタビューの続きは、6月22日発売『韓流ぴあ』7月号に掲載。『Scared』のマニアックな聴き方は? “怖がりさん”へのアドバイスや、最近のTMIも教えてくれました。ぜひ、合わせてチェックを!

YouTube「はんりゅうぴあちゃんねる」インタビューも‼

▼P1Harmony

2020年10月28日に1stミニアルバム『Disharmony: Stand Out』でデビュー。韓国、日本、カナダ出身の6人から成るボーイズグループ。チーム名は「Plus(プラス)と数字の1、Harmonyの合成語でチームと未知の1つが合わさって様々なハーモニーを作る」という意味が込められている。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ