山田孝之×武正晴監督、映像の可能性を見た『全裸監督』での共闘「シーズン3も…」「かんべんして!」<Netflix『全裸監督 シーズン2』インタビュー前編>

 

俳優の山田孝之さんが、6月24日(木)から全世界同時配信されるNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督 シーズン2』にて、主人公・村西とおる役を続投します。

2019年に配信されたシーズン1は、Netflix上で最も観られた作品TOP10において日本でNo.1、台湾や香港などの各国でもTOP10入りを果たした超人気シリーズ。続編にあたる『シーズン2』では、前作でアダルトビデオ界の頂点に駆け上がった村西が、バブルが崩壊した1990年代に次なる冒険に挑み、失墜していく姿を全8話で描き出します。

めるもでは、主演の山田さんとシーズン1から総監督を務めている武正晴さん、ヒロインを演じた森田望智さん、恒松祐里さんにインタビューを実施。前後編に分けてお届けします。

前編となる今回は、主演の山田さん&武正晴監督のインタビューです。シーズン1で受けた反響への思いや、『シーズン2』におけるエピソードなど、たくさん語っていただきました。

 

 

――シーズン1が全世界に配信されてから、国内外からの反響は想像以上でしたか?

山田孝之:想像以上でした。僕は日本(の映像業界)に対してネガティブに思うことが多く、ハリウッドに行こうと思って英語を勉強していた時期もあったんです。そんなタイミングで、『全裸監督』のお話があり、Netflixで190ヵ国に配信、しかも日本の題材、日本のスタッフ、キャストで、と。それは良くも悪くも、現状を見せつけることになると思って取り組みました。ネガティブが多かった人間からすると、「こんなに世界中の人たちが“面白かった”と言ってくれるんだ!」という、逆のポジティブなリアクションだったと思っています。

 

――ご自身的に、そうなるだろうと予測していた部分もありましたか?

山田孝之:いえ。だって……、こんな題材なんで(笑)。しかも、(シーズン1の)撮影に入る2年前ぐらいから企画は始まっていたんですけど、「#MeToo」運動が活発でしたし、「どうやって、80年代のこの時代を描いていく?」という話をしていたんです。言ってもフィクション作品なので、黒木香がどういう環境で、どういう精神状態でアダルトの世界に入ってきたのか、黒木香と村西とおるの関係性、どういう風に立ち位置を描くのか、と考えて撮影しました。リアクションを見ると、ちゃんと女性の目線も描けていたのかな、と思いますね。

武監督:自分としては、意外と怒られなかったな、褒めてくれるんだなっていうのが、正直な感想です(笑)。「相当怒られるんだろうな……ま、怒られるのは慣れてるし、いいや」と思っていたんですけど、面白がってくれた反響のほうが大きかったから、嬉しかったですね。海外の人達からのメッセージで、村西のパンツ姿のイラストを描いて送ってくれたりとかもあって。これまで、そういうのがあまりなかったので、作ったものが僕らの手から離れて、観ている人のほうに完全に行っていることを、すごく感じ取れました。

 

――そうした反響は、『シーズン2』ならびに、今後ものづくりをするうえでのひとつの自信につながったりしますか?

山田孝之:自信……そういうあれではないですけど。まあ、やるならちゃんと話し合って大勢で練りに練ってとことんやる、そうすれば意外と観てもらえるんだ、と思いました。意外と映像の可能性はあるということを、『全裸監督』で思ったんです。

武監督:国内における、ある一定の人たちにウケることを商品として狙いにいくんじゃなくて、感動よりも驚きというところをちゃんとやれば、普通にできるんじゃないかな、って。だって、スタッフやキャストは、これだけいいメンバーが揃っているわけですから。より面白いものを作っていける土台はあるので、あとはそれをちゃんとやるか、やらないかだと思います。

僕なんかは、ちょっと間に合ってよかったかなって思ったんですよ。ギリギリNetflixに救われた部分もあるんです。このまま、もしNetflixがきていなかったら、そういうことを経験せずに終わっていたかなというのもあるので、「もうちょっと風呂敷を広げて物事を考えてもいいんだ」って、可能性としてはこれからすごく楽しみになってきましたよね。大きな風呂敷を広げても、ちゃんと受け取ってくれる場所が出てきたという。だから、すごくモチベーションも上がってきました。

 

――では、『シーズン2』の撮影に際して台本を読んだ山田さんは、どんな風に今回の村西を演じようと考えたのか、武監督には、演出のうえでのこだわりを教えていただければと思います。

山田孝之:演じるうえでは、本人は同じひとつの人生で生きているから、別に“シーズン1”とか“シーズン2”と意識することはないんです。とにかくシーズン1は、インチキ英会話教材のセールスマンをやっていた村西が、エロの世界に入って「業界の風雲児」と呼ばれるまで昇りつめるサクセスストーリーみたいなところがあった。『シーズン2』では、とにかく落としていく、調子に乗りまくっていた村西が落ちていく様を出さなきゃいけない、と思いました。

 

――てっぺんから下降を辿っていく村西については、山田さんご自身はどのように感じていましたか?

山田孝之:自分(村西)は「空からエロが降ってくる」という夢もそうだし、ビデオが終わって衛星という次の時代が到来すると信じていたから、そこに突き進んでいくんですよね。いざ衛星が始まると、引くに引けなくなっている部分もあって、どんどん孤独な状態になっていく。現場では、大勢の人間がいるんですけど、僕はひたすら孤独でしたよ。専属女優たちの村西を見る眼はどんどん冷たくなっていくし、スタッフたちも村西に動きとしてはついてきているけど、確実に気持ちが離れていってることは見えているし。あの憧れていた村西がどんどん暴走していくので、みんなもみんなで孤独を感じていたと思います。なので、シーズン1と比べると、現場の空気も重いまではいかないですけど、みんな、孤独な感じが出ていましたね。

 

――武監督は、いかがでしょう?

武監督:ただ転落していくだけの男という見え方ではなくて、下品にならないようにというか、そこに何か喜怒哀楽以外の部分の小さな感情みたいなところ、寂しい部分を映像できっちり見せられないかな、と思っていました。シーズン1で期待して観ている人たちを裏切ることがないように、見せ方をいろいろと考えましたね。そこにはやっぱりトシ(満島真之介)の話があったり、黒木(森田望智)の話があったり、黒木と順子(伊藤沙莉)の話があったり、三田村(柄本時生)と奈緒子(冨手麻妙)の話があったり。要するに、登場人物たちをより深堀していくのが『シーズン2』なんです。だから村西が主役ではあるんですけど、それに翻弄された川田(玉山鉄二)とか、きっちり落とし前をつけてあげるのは、どうしてもやりたかったところでした。……だから、最後は寂しくなりましたね。シーズン3までいきてぇなって、また調子のいいことを思うんですけど……。

山田孝之:かんべんしてください! やっと(体型が)戻ってきたのに(笑)。

武監督:(笑)。山田さんはそれぐらい、全力を出し尽くしてくれたのはあって。「もうこれで十分だよ」っていうぐらい、本当にやってくれました。

 

――シーズン1と比較すると、映像的にはどんな工夫を凝らしたんでしょうか?

武監督:『シーズン2』は、村西がわーって調子に乗って楽しいシーンを撮っている次の日に、ヤクザの抗争を撮っていたりしたので、「一体、何を撮っているのか……」と思ったりもして(笑)。楽しくもあり、大変でもありました。同じ作品だけれども、同じ時間軸でこれだけ差のある、表と裏がある……撮影のルックも含めて、テイストを明らかに変えていくコントラストは意識していましたし、同時に、シーズン1と『シーズン2』のコントラストも意識していたんです。俳優さんたちは常にずっと同じことをやっているんですけど、僕らはその見え方について、どう光を当てたり、照らしたり、明るくしたり、暗くしたりするかという。極端な話、そういう舞台装置を作って、どう届けるかをずっと考えてやっていました。

 

――『シーズン2』でも、かなりバラエティ豊かな新規キャストさんが、大いに暴れてくれています。カメオ俳優陣もあっと驚く豪華さです。ご一緒して、いかがでしたか?

山田孝之:皆さん、「気合いを入れてきた!!」とかいうよりも、本当に「やったぜ!!」みたいな感じでした(笑)。どなたも、めちゃくちゃ楽しみにしてきて、楽しんで帰るっていう印象でした。

武監督:なんか、「わーい!」って感じですよね。

山田孝之:本当に、そうです! 「もっとやりたーい!」みたいな。女優さん側から聞いたんですけど、出演の話がきた瞬間に「“もうどんな役でもいいから出ろ!!”って旦那に言われた」という(笑)。

全員:(笑)。

武監督:ねえ! 「台本を読まずに“旦那に出ろって言われて”」という人、多かったですよ。「村西とおるに会いたい」みたいな、みんな言ってました。

 

――キャスト解禁時から注目されていた乃木真梨子役の恒松祐里さんについては、いかがでしたか?

山田孝之:恒松さんも、皆さんも、安定感抜群でしたね。ひとつ裏話があって。メイクルームで僕が見たんですけど、黒木役の森田さんがメイク終わりで休んでいたんです。そこに恒松さんがすーっときて、森田さんの肩を急に揉み出したんですよ。森田さんが、「ん、何ですか?」みたいに言ったら、恒松さんが「普段からイラつかせようと思って♡」って(笑)。もう俳優として素晴らしいことだな、と思いましたね! あの笑顔で言ってたから……。

 

――わざとバチバチでいるようにしていたんですね、プロですね。

武監督:恒松さんは、「今度は黒木さんの代わりに自分がいくんだ」というのがあったから、そういうのは結構あったと思いますよ。……で、その逆もあってさ。黒木さんが「私、まだ村西さんとラブシーンやってないんですけど」と、ずっと言ってたわけ。で、いざホテルで村西と黒木のシーンが終わった後、ニコってして、「やったったわー」って。

山田孝之:(爆笑)。

武監督:これが、シーズン1で最初すごく緊張していたあの森田さんか……と思うほど、わずか数年で別人ぐらいに変わったなあって。シーズン1では体が震えているときだってあったからね。それが『シーズン2』になったら、「村西さんといつできるんですか?」、「いや、もうちょっと待ってもらっていいですか……」っていう(笑)。それって作品のすごさじゃないのかなって思いましたね。

 

――たくさんの貴重なお話、ありがとうございました。最後に、今回の記事は『めるも』という趣味女子メディアで掲載されますが、山田さんが今ハマっている趣味などあれば、教えてください。

山田孝之:趣味は何もないんですけど、空いた時間を何に使っているか、とかでもいいですか?

 

――お願いします。

山田孝之:本当に生産性のないことなんですけど……、ただYouTubeをずーっとダラダラ観たりしてます。しかもゲーム実況とか。何のためにもならないんですけどね(苦笑)。でも、ほっんと何も考えずに観ていられるから、感覚としてはテレビでバラエティ番組を観ているときと一緒なんですよ。ただメシを食いながら、ぽけーっとして酒を飲みながら、だらっだらYouTubeを観てますねえ。

 

――山田さんはゲームをなさったりするんですか?

山田孝之:昔はしてたんですけど、やる癖がなくなってきて。人がゲームをしてる動画を観るって何の意味もないんですけど、うまいから、なんかやった気になってすっきりするんですよね。いろいろとやっていたら、しょっちゅう頭がごちゃごちゃしてくるから、そういう何も考えない時間が結構必要なのかなって、今思いますね。(取材・文:赤山恭子、写真:iwa)

 

 

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督 シーズン2』は、2021年6月24日(木)よりNetflixにて全世界独占配信。

キャスト:山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、恒松祐里 ほか
総監督:武正晴
公式サイト:https://www.netflix.com/全裸監督

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ