二階堂高嗣、彼女の料理がマズかったときに出た本音がヤバい!?

 

6月17日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、人気グループ・Kis-My-Ft2の二階堂高嗣が、8年前に挑戦したテーマにリベンジするも「変わってない」と指摘される展開となった。

二階堂高嗣が彼氏だったら好みを合わせる?

「彼女の料理がマズかった時の対応」というテーマに挑戦した二階堂。8年前に1度挑戦した時は「おもしろい味だね」との一言から始まり、謝る彼女に「いいよいいよ」と笑顔を向け「今度は2人で一緒に作ろう」とおでこにチュー。このVTRを見た一同は「キスすればいい」という安易な二階堂に大爆笑。

今回リベンジに挑んだ二階堂は、彼女の作った肉じゃがを口にすると「美味しいよ」と褒めることから入った。「初めて食べた味かも。家庭によって違うからさ」と若干の違和感を伝えつつも「俺、結構好きな味だよ」と彼女を喜ばせる。「肉じゃがって家庭の味が出るじゃん。お家でもお母さんとかが作ってくれてた?お母さんの味も知れてうれしい」と続け、「今度一緒に作ろうよ。俺もお母さんが作ってくれたりするから。俺の味の肉じゃがも食べて」と言い「美味しい!」とニッコリ。

このVTRに審査員の大久保佳代子は「結局、問題を先送りにしてる」と指摘し「ここでハッキリ言わなくても、今度一緒に作るときにどう伝えるのかな?とか、次は『俺のお母さんの味で作ってね』とか言うのか。この場しのぎの感じが嫌だった」とコメント。これに二階堂は「一緒に作って『味こうじゃない。こうじゃない』ってやってった方が傷つかないかな?と思って」と伝える。すると大久保は「最終的には『今日教えた俺のお母さんの味を作っていってよ』って持っていきたいってことだよね?」とツッコみ、これに「はい」と小さくなる二階堂。

続けて「それ難しくないですか?」と聞かれた二階堂は「難しいですか?彼女だったら合わせません?」と思わず本音がポロリ。これに大久保は「あ、出た」とア然とし「見ました?何年か前の名残が出ました。変わってませんね」とつるし上げ、二階堂を大爆笑させていた。

※トップ画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ