SEKAI NO OWARIの新曲「family」が佐々木蔵之介主演のドラマ『IP~サイバー捜査班』主題歌に決定 

SPICE


SEKAI NO OWARIの新曲「family」が7月1日から放送がスタートするドラマ『IP~サイバー捜査班』(テレビ朝日系)の主題歌に決定した。

『IP~サイバー捜査班』は、佐々木蔵之介が主演するミステリードラマ。京都を舞台に、サイバー犯罪の脅威と人間ドラマを描いた作品だ。主題歌の起用について、主演の佐々木蔵之介は、「どんな主題歌なんだろうなと思って聴きましたが、意表を突かれた楽曲でした。歌詞が家族のことを歌っていて、“おかえり”“ただいま”の言葉だけで伝わる暖かみや、その言葉が相手をすごく思いやる言葉なんだな、と気づかされる楽曲ですね」とコメント。

ドラマ製作を担当した川島誠史プロデューサーは、「『サイバー捜査』というデジタルな要素の多いドラマなので、優しく包み込むようなFukaseさんのボーカル、そして心に響くメロディーでドラマを締めくくることで、見てくださる人に温かい気持ちになってもらえればという思いから、SEKAI NO OWARIさんに是非にとお願いしました」と語っている。

SEKAI NO OWARIは、「この『family』という楽曲は自分達のとても身近でパーソナルな事を歌った楽曲です。新しいアルバムの中でも、とても大切な一曲になりました。そんな曲が今回ドラマ主題歌としてご一緒することができ、多くの人に聞いて貰える事をとても嬉しく思います」と話している。

「family」は、7月21日にリリースされるSEKAI NO OWARIのニューアルバム『scent of memory』に収録される。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ