『ヒルナンデス』桝太一アナの“激ダサコーデ”に好感「そこが良い」

まいじつ

『ヒルナンデス』桝太一アナの“激ダサコーデ”に好感「そこが良い」 
(C)まいじつ 

日本テレビの看板アナウンサー・桝太一アナが、6月17日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演。「ファッションセンス格付けバトル」で激ダサコーデを晒したのだが、これが逆に好感をもたらしたようだ。

「日テレ男性アナコーデ 夏の陣」と題された今回、枡アナの他、中野謙吾アナ、平松修造アナ、篠原光アナが参戦。初参戦の枡アナはやる気に満ちるが、オープニングトークでは中野アナから「日本一、普段オーラを消してるアナウンサー」「サイズ感、着ている物、一番ダサい」と早速イジられてしまう。

その私服画像が公開されたのだが、白スニーカーにポロシャツ・暗いパンツと、その姿はまるで学校教員のようだった。色も白・黒・紺でしか構成されておらず、中野アナは「無料イラスト素材」と続けてイジっていく。

その後ショッピングが始まると、普段が地味なだけに「色で勝負」と派手な色のアイテムを選ぶ枡アナ。また、今回は私物アイテムを足してもOKというルールのため、持ち込んだキャンパス地のトートバッグを合わせる。しかしこのバッグ、外来生物・ヒアリがプリントされた、理系の枡アナらしい超個性的なものだった。

桝アナの酷評クソダサコーデが意外にも…


意気込んだこのバトルだが、街頭アンケートによる評価では最下位に終わり、スタジオでマントを脱いで発表しても、出演者からは微妙なリアクションが。専門家からも、紺のパンツ、サーモンピンクのシャツ、ピスタチオカラーのデッキシューズが「色のバランスが取れていればもっと良かった」と評され、別の専門家も「袖を少しまくるとか、バッグもシワシワだし、着こなしをもう少し…」と苦言を呈する。

視聴者からもこのコーディネートに対し、

《桝さん… ダサい…笑》
《ほんとネタすぎるwww》
《そういうダサさも含め好感度なんだよwww》
《ダサいところが良い》
《ださいところがいいの。おしゃれじゃだめ》
《桝さんはクソダサ私服が味なのでダサくていいんです》

など、「ダサいところがいい」という声も続出していった。

放送後にはインスタグラムを更新したが、自身は廊下の奥で小さくしか映らなかった枡アナ。「最下位で写す価値がない」と謙遜したのだろうか。



当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ