【12星座別 6/20~6/26の運勢】満月が伝える着地点

カナウ


【12星座別 6/20~6/26の運勢】満月が伝える着地点

25日はやぎ座で満月が起こります。

幸運の星・木星のエネルギーが流れ込む豊かな満月なので、願いがかなったり、思いがけないチャンスをつかんだりするかもしれません。

堅実なやぎ座が伝える“着地点”には現実的な景色が広がるはず。恋や仕事がいっそう地に足がついたものになりそうです。

そんな6/20~6/26の運気を星座別に詳しく見ていきます。

目次

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ


牡羊座

25日の満月は、仕事のターニングポイントになりそうです。
自由な発想と無邪気な本音を交えつつも、締めるところはしっかり締める。そんな意識を持つといいでしょう。
今までを踏まえて、2021年下半期の目標・計画がハッキリしてくるはずです。
このところ、仕事とプライベートのバランスが取りづらく感じるなら、公私の境界線をあえてキッチリしないほうがいいかもしれません。
特に、テレワークの人は職場が決めるタイムスケジュールより、自分のやる気とノリを重視すると良さそうです。
恋愛は運気が高まる時期に入っています。積極的になれますし、自分の想いをうまく表現できるでしょう。
ただ、ありきたりのアプローチや、手近なところで手っ取り早く恋人を作ろうとすると停滞感が出てきそうです。
特に21日は身動きが取りづらく感じるはず。自分なりの工夫やオリジナリティを見せることを心がけましょう。
今週は、「今までコレで成功してきた」と自負する方法が通用しないかもしれません。
手応えを感じなければすぐに方向転換して、まったく違う視点を持つといいでしょう。
自分とは価値観が違う友人のアドバイスに従えば、意外な進展がありそうです。

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ


牡牛座

満月が起こる25日は、自分がいつの間にか“レベルアップ”していることに気づくかも。
友人や職場の人との何気ない会話で自身の成長を自覚するでしょう。
マウンティングするつもりはなくても、「ここはこうすれば簡単に解決するのに、どうしてみんなわからないんだろう」と思ったり、自粛中に蓄えた知識が発揮できる場面があったりするようです。
ただ、年初から不完全燃焼が続いているなら、満月は「今の自分が強化するべきポイント」を伝えてくれるでしょう。
やらなければいけないことがハッキリして、2021年下半期の個人的な目標ができるはずです。
恋愛運はアップダウンが激しくなりそう。
21日は踏ん張りどころで進展はあまり期待できないかもしれませんが、現状把握ができる大切な日です。
じれったくなっても相手の気持ちや、自分が周囲からどんな印象を持たれるかは冷静に受け止めましょう。
また、現状を正しく認識できれば22日は進展が期待できるはず。
視野を広く持ち、大胆な発想の転換をすることでチャンスの在りかがわかるようです。
コミュニケーションの取り方をガラッと変えるといいかもしれません。
仕事はコツコツと積み上げることを大切に。売上や集客がモタついていたとしても、23日以降に少しずつ回復できそうです。

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ


双子座

25日の満月が起こるあたり、仕事に関するサポートが得られそうです。
職場で誰か手伝ってくれるとか、友人の気遣いが仕事に良い影響をもたらすなど、「あの人がいて良かった」と感じるようです。
場合によっては、有名人や成功者の話に勇気づけられるのかもしれませんが、いずれにしても仕事を頑張る活力になるでしょう。
憧れの人物がいるなら、その人のやり方を率先して真似するのも良さそうです。
とはいえ、今週は月曜からロケットスタートを決めようとしても、21日が停滞運に包まれます。
準備や情報集め、資料作成をしっかりしてから動いたほうが、火曜日以降ラクになるはずです。
また、6月に入って不調が続いていた人は、23日をすぎると自分らしさを取り戻します。
頭に霧が立ち込めるように感じていたならモヤモヤが晴れてスッキリするでしょう。
また、いつもの調子が戻ると心に余裕ができて、小さなことではうろたえなくなるはず。
恋愛では気の利いた切り返しで進展のきっかけを見つけるようです。
好きな人がいるなら、遠慮しない態度が良いインパクトを与えそう。
フリーの人は、出会いの場を厳選しないで広く見渡してみるといいでしょう。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ


蟹座

満月が起こる25日をすぎると、大切な人との関係が落ち着いてくるでしょう。
それは、好きな人だったり、仕事で重要なつながりを持つ人だったり。今までとは違う接点が出てきて急に親近感を抱くのかもしれません。
距離が遠いと感じていた相手とは、仲良くなるきっかけが見つかってテンションが上がりそうです。
そんな感じで恋愛運は上々。世の中がどうあれ、自分なりに頑張ってきた人はうれしい展開を迎えられるでしょう。
好きな人と恋人同士になる人もいれば、好みのタイプを見つける人もいるはずです。
ただ、何となくでも違和感を覚えつつ恋を進めていた人は、「これ以上はもう進めない」という決定打があるかも。
ネガティブな決断を下すことになっても、足かせが外れるように気持ちはラクになりそうです。自分の考えに自信を持ちましょう。
22日は運気の後押しが期待できる恋のチャンスデー。ちょっとした会話や行動をきっかけに関係がトントン拍子に進展しそうです。
仕事運は直感に頼ると面白い展開があるかもしれません。
業務を安全に進めるには根拠が大事ですが、「こうしたほうが良い気がする」という想いが強く湧き上がるなら信じてもいいでしょう。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ


獅子座

満月が起こる25日前後は、心と体を整えることに専念を。
「私は大丈夫」「まだまだいける」と思っても、実際には自分が考える以上に疲れているかもしれません。
ハッキリと不調を感じるなら、週末にかけてはいつもよりのんびり過ごすといいでしょう。
大らかな友人の言動が妙に刺さるとか、同僚が勧める健康法や美容法が気になるなど、周りから得する情報がもらえるはずです。
恋愛運は高まる情熱をうまく活用しましょう。
21日は強引にならないよう気をつけたいですが、23日は強気な態度が功を奏する日です。
やる気を空回りさせずにうまく行動に落とし込めば、たどり着きたい恋のゴールにグンと近づけるはず。
好きな人との関係が落ち着いてきたり、真剣交際ができそうなお相手との出会いに恵まれたりするでしょう。
フリーの人は出会いを増やすために盲点を突く必要があります。出会いがあるのにスルーしている場所がありそう。
仕事は週末に差しかかると結論が見えてくるはずです。
煩雑になっていた雑務をまとめるのに良いタイミングですし、今まで積み重ねた努力をちゃんと認めてくれる人が現れるかもしれません。

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ


乙女座

25日の満月のあたりは、恋がひと段落つきそうです。
好きな人がいるなら、どういう関係性に落ち着くのか見えてくるでしょうし、交際中の人はより親密なお付き合いが実現するでしょう。
フリーで「出会いが全然ない」と感じている人は、身近な友人知人をきっかけに人脈が広がっていくはずです。
ただ、いまいち感を抱えながらも何とか前に進んでいた場合、ハッキリと「違う」と確信するかもしれません。
好きな人と閉鎖的でネガティブな関係に陥っていたなら、暗いトンネルの向こうに出口が見えてくるでしょう。
いずれにしても、恋愛には現時点での結論が出るので、新たな一歩を踏み出せるようになるはずです。
仕事は新しい手法を取り入れながらも、しっかりと地に足をつけてまとめていける週です。
23日以降はテキパキ動ける状況が整いやすくなります。情報収集や周りからの評価を冷静に集めましょう。
また、停滞していた案件ややり直しが必要だった仕事が再スタートするかもしれません。
準備と計画がしっかりしていれば、今度こそうまくいくはずです。

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ


天秤座

25日の満月を迎えたら、足場固めをしっかりするといいでしょう。
「もっとフットワーク良く動きたい」「やりたいことがたくさんあるのに時間が足りない」と感じるなら、ごく身近なところから整理することが大切です。
そこまで思わない人も、この月末は生活習慣やライフスタイルを含めて自分を見直すと新しい発見があります。
たとえば仕事を軸に毎日を送っていたけれど、実は趣味のほうが大事だと気づくとか。
家族との距離感を変えたほうがお互いに暮らしやすくなるなど。自分の根幹をなす部分を整えることになりそうです。
恋愛運はぎこちなさが漂う週です。
21日は特に、「こうしたい」「こうなりたい」と強く願うほど自分を縛り付けてしまうでしょう。
視野は広く持ったほうがいいですし、行き詰まったら周囲の声に耳を傾けるとヒントが見つかります。
仕事運は良好。ワンランク上を狙える時期なので目標は高く、貪欲になると良さそうです。
また今週は、周囲から正当な評価をもらえる人が少なくありません。
これまで納得できない状況にあったなら、「やっと認められた」と気持ちがスッキリするはずです。

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ


蠍座

満月が起こる25日をすぎると、欲しかった回答をもらえたり、長引く話し合いや交渉に決着がついたりするでしょう。
それは恋愛に関する“答え”かもしれませんし、仕事における結論かもしれません。
いずれにしても、きっかけとなるのは「ぶっちゃけ感」で、「なんだかんだ言って私は好き」「理屈よりも好きかどうか」と考えると良さそうです。
仕事では特に、当たり障りなくまとめようとしないほうがいいでしょう。
恋のチャンスデーは22日。ツキがめぐってくるのを待つのではなく、自分から引き寄せるつもりで動くと運命の歯車が回り出します。
思いどおりの進展を実現させるだけの魅力はあるので自信を持って。
相手に好かれようと無難に振る舞うより、本音をズバリ言ってインパクトを与えたほうがいいかもしれません。
好きな人との関係が進展しやすくなります。
仕事では良い意味での忙しさが目立ってきそうです。23日以降はうれしいサポートや、願ってもない申し出を受ける可能性が。
「追い風が吹いている」という実感が高まるでしょう。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ


射手座

満月が起こる25日前後は、欲しかったものを手に入れるでしょう。
趣味のアイテムや便利家電を譲ってもらえたり、副業が波に乗ってきたりするかもしれません。
「ちょうどそれが欲しかった」というアイテムがタイミング良く手に入りそうです。
恋愛は23日すぎに色々と動き出すでしょう。
好きな人との意志疎通がスムーズになり、出会い探しも順調になるはず。
6月に入ってぎこちなさを感じていたなら、自分のペースを取り戻せるようです。
ただ、恋を取り巻くムードはさっぱりしていて、甘さに欠けるかもしれません。
好きな人とも、知り合ったばかりの人とも、友だち感覚で何でも話せるようになることが関係を深めるカギになります。
24日はアクティブに。限界突破をテーマに動くといいですし、オープンに自分らしさをアピールすれば恋の道は自然とひらけてくるでしょう。
仕事は働く環境を柔軟に変えて。テレワークであっても、オフィスに出勤するとしても、スムーズな流れを邪魔するものは取り除いて正解です。
自分が動きやすいと感じる状態を整えましょう。

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ


山羊座

25日はやぎ座で満月が起こります。ここ数カ月、あるいは去年末からの流れにひと区切りつくでしょう。
それは自分の頭の中だけで完結するのではなく、身近な人と接するなかで気づくようです。
「変わらなくちゃ」と思う人はもちろん、そこまで考えない人も、今の自分にとってプラスとなる価値観を得るはず。
クールに自分を客観することで、“現在地”を正しく把握できるでしょう。
恋愛運は22日に運命の歯車が回り出しそう。
小さなことでも自分からアクションを起こすと、会話が生まれたり、新しい出会いにつながったりするようです。
また今週は、「デートはこうあるべき」「アプローチはやっぱり王道で」という思い込みは捨てて、もっと自由に恋を楽しみましょう。
緻密に計画を立てるより、場当たり的に判断・行動するほうがうまくいくはずです。
仕事については、23日をすぎると“通常運転”に戻るでしょう。
売上や集客が不安定だったなら、ようやく落ち着いてくるかもしれません。
保留のまま停滞していた作業が再開する、そんな展開もありそうです。

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ


水瓶座

25日の満月を迎えると、無意識にわだかまっていたモヤモヤがスッキリするはずです。
週末に差しかかって、ふと「アレはもうお終いでいいだろう」とか「いつの間にか気にならなくなっていた」と気づくでしょう。
今までどうしても断ち切れなかった想いほど、アッサリ消えていくようです。
また、そんな風に割り切るきっかけとなるのはクールな損得勘定。
「こだわっても得がない」「ほかのことに注目したほうがメリットは多い」とわかると、心は一気にクールダウンするはず。
恋愛でも仕事でも、月末は今まで以上に視野が広がりそうです。
恋愛運は23日以降に少しずつアップしていきます。
何となくでも停滞感があったなら、ホースの詰まりが取れるようにスッキリするでしょう。
好きな人と会う約束を取り付けたり、アプリで複数人とマッチングできたりするかもしれません。
仕事運は意思疎通に苦労する人がいそうです。
ただ、今に始まったことではないはずで、前も似たような出来事があったなら、過去の対応をなぞると解決は早いでしょう。
言葉を濁して取り繕うより、率直な意見をズバリ述べたほうが良い場合もあります。

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ


魚座

満月が起こる25日以降、人間関係が“自分仕様”に整い始めます。
ウマが合う人が集まってつながり、自分が必要とする人とは今まで以上に仲良くなれるでしょう。
ただ、理想的な人間関係を築くには自分から歩み寄ることが大切です。ちょっとワガママになるくらいがちょうど良いかもしれません。
恋愛はどう転んでもうまくいく週です。
22日はチャンスデーで、楽しむことを最優先すると先の見通しが立ってくるはず。
あまりシリアスにならず、気楽にフランクなやり取りを心がけましょう。
また、「AかBか?」で迷ったら自分の好みや直感で判断すると良さそうです。
どっちを選んでも失敗はなく、それぞれに良さがあるので、「どっちがうまくいくのか」を判断基準にすれば迷いがいっそう深くなります。
もしハズレがあるとしたら、ネット記事やSNSで見かけるノウハウに従った選択でしょう。しっくりこない結論に肩透かしを食らうはずです。
仕事は手と足を動かして具体的に業務を進めていきましょう。
複数の仕事を同時進行させるとか、厳しめの交渉を任されるなど気合が入る場面もありますが、退かずに前へ進むことだけを考えて。
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ