広瀬すず、ベテラン勢との現場「体験したことがないような不思議な時間」

dwango.jp news


吉永小百合をはじめ、類稀な演技力で日本アカデミー賞に輝いてきた松坂桃李広瀬すず、そして西田敏行といった日本を代表する実力派豪華キャスト陣が出演。「在宅医療」に携わる医者・患者そしてのその家族たちを通して、“いのち”“愛”、そして“いまを生きていく”家族たちの願いを丁寧に描き出す、感動のヒューマン医療ドラマ『いのちの停車場』が、公開初週末の新作映画・興行収入・動員数で堂々の初登場1位を獲得し、大ヒット上映中。

このたび、本作で訪問看護師の麻世を演じる広瀬すずの誕生日(6月19日)を記念し、<クランクアップ写真>&<新場面写真>が初解禁された。

原作は都内の終末期医療専門病院に勤務し、命の終わりを真摯に見つめる現役医師でありながら、作家としてNHKでテレビドラマ化もされ話題を呼んだ「ディア・ペイシェント」などを世に送り出した南杏子による「いのちの停車場」(幻冬舎文庫)。『八日目の蝉』や『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』など数多くの名作を生み出してきた、映画界を代表する監督の一人である成島出がメガホンを取る。

広瀬演じる麻世は、亡くなった姉の子・翼を母親代わりに育てながら「まほろば診療所」の訪問看護師として、院長の仙川と二人三脚で在宅医療に携わってきた頼もしい存在。その一方、過去に大きなトラウマを抱えていて“家族”に対して特別な思いを持っている。「まほろば」の家族として新たに診療所メンバーに加わった咲和子(吉永小百合)と、在宅医療を行う仙川とは異なる患者への向き合い方をする姿に困惑しつつも、次第に咲和子の姿勢に背中を押され過去のトラウマに向き合い、自身の進む未来へ歩みはじめていく。

役作りにあたって「看護師として、患者とどう向き合うべきか悩みましたが、監督からのアドバイスもあり、重くなりすぎないよう常にフラットな気持ちでいるように意識しました」と語っていた広瀬。本作で初共演を果たした吉永や、再共演となった西田らベテラン勢との現場を「大先輩方との撮影は、居心地がよく、体験したことがないような不思議な時間でした。吉永さん、西田さんからのアイデアでこんなにも変わるのか、というような経験があったり、一日一日が濃厚で新鮮でした」と回想。

奇しくも同じ14歳で役者デビューした広瀬を、かねてより「注目している女優」と挙げていた吉永は「すずちゃんは涼やか」と印象を語り、「お互いに合わせようとしなくても自然と(芝居が)やれた」と初共演を振り返っている。また、西田は「すずちゃんとは孫の役で共演しました。僕はすずちゃんのおじいちゃんの役でその時まだすずちゃんは15~17歳。別の場所から来たんかい!っていうぐらいの可愛さ、その時からずっと虜ですね(笑)」と再共演を喜んでいた。

「看護師役を演じられたからですが、人のために働くことがこんな感じなんだと知ることができましたし、家族の大切さをあらためて実感できました」と語った広瀬。本作でまた新たな魅力を存分に発揮している女優・広瀬すずの真価を見届けてほしい。

■映画『いのちの停車場』

大ヒット上映中
出演:吉永小百合 松坂桃李 広瀬すず 南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる 石田ゆり子 田中泯 西田敏行

(C)2021『いのちの停車場』製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ