「北谷」=「きたたに」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

lamire


読めたらすごい!難読漢字を4つご紹介します。「北谷」って、なんと読むかわかりますか?「きたたに」ではありませんよ。今回はすべて地名です。「武生」「牛滑」「反町」いくつ読めるか挑戦してみてくださいね。

北谷=ちゃたん


「北谷」は「ちゃたん」と読みます。沖縄県中部に位置する地名で、町域の半分以上が米軍基地。西海岸に位置する美浜地区は、若者や駐留米軍に人気のスポットとして有名です。県内唯一の観覧車があるアメリカンビレッジや大型ショッピングセンターがあり、地元県民や観光客で賑わっています。「きたたに」が「ちたたに」「ちたたん」に変化し、現在の「ちゃたん」という呼び方になったのだそう。

武生=たけふ


「武生」は「たけふ」と読みます。福井県の中部にあった市で、2005年に武生市と今立町が合併して現在は越前市となっています。2024年開業予定の北陸新幹線延伸区間、福井から敦賀間に新設される駅名は「越前たけふ」に決定されています。「武生」を「たけふ」と読むのが難しいことから、JR西日本管内では初のひらがなを使った新幹線駅名となったのだそう。

牛滑=うしなめり


「牛滑」は「うしなめり」と読み、富山県富山市婦中町にある地名です。縄文時代の遺跡として知られる「牛滑遺跡」がひっそりと存在しています。平地住居跡や土器・石器が出土し、富山県では「牛滑式」として縄文時代中期の標識となる遺跡とされています。

反町=たんまち


「反町」は「たんまち」と読みます。神奈川県横浜市神奈川区にある地名で、反町駅前には戦前まで遊郭があったのだそう。かつては賑わいの中心でしたが、年間乗降客数世界上位の横浜駅の隣駅にもかかわらず、東横線の駅では乗降人員が最も少ないと言われています。反町という名前は、「段町」が転訛した、一反二反の「反」からきた、昔この地は数年毎に休耕していて「休耕地」を「ソリ」と呼ぶことから「反町」となったなど、由来は諸説あります。

難読漢字いくつ読めた?


4つの難読漢字を紹介しましたが、いくつ読めましたか?「北谷」は「ちゃたん」と読み、沖縄県にある地名ということがわかりました。地元の人にしか読めない地名ばかりだったと思いますが、いい機会なのでぜひ覚えておいてくださいね。

当記事はlamireの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ