菅田将暉×有村架純W主演の映画『花束みたいな恋をした』がU-NEXTで日本最速配信

SPICE


映画『花束みたいな恋をした』が動画配信サービス・U-NEXTにて、7月14日(水)から配信されることがわかった。
(C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会
(C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会

『花束みたいな恋をした』は、菅田将暉と有村架純が初のW主演を果たした映画。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる脚本家・坂元裕二氏が映画オリジナルのラブストーリーを手掛けた作品だ。メガホンをとるのは、『いま、会いにゆきます』『映画 ビリギャル』などの土井裕泰監督。土井監督と脚本の坂元氏は、ドラマ『カルテット』以来、映画では初めてタッグを組む。本作で描かれるのは、偶然に出会い、その夜から始まるひとつの恋の5年間の行方。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことで、大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)は偶然出会うことに。好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた二人は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。ふたりは、拾った猫に一緒に名前をつけ、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に就職活動を続ける。

予告編

1月29日に劇場公開がスタートした本作は、封切から約半年経った現在もロングラン上映中。興行通信社による全国映画動員ランキングでは、6週連続1位に輝き、15週連続トップ10にランクイン。累計興収は、37億円を突破している。

U-NEXTでの独占配信に寄せた土井監督のコメントは以下のとおり。

土井裕泰(監督)


いよいよ映画「花束みたいな恋をした」の配信が開始されると聞き、色んな事情で劇場に行かれなかった方達にもやっと届けられることを嬉しく思っています。

まるで「私たち」の話であるかのような麦と絹の生きた愛おしい時間が、 この機会により多くの人に届きますように!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ