『ジュゼップ』ジュゼップの友情と恋を映す予告解禁 場面写真には凄惨なスケッチも

クランクイン!

 アニメ映画『ジュゼップ 戦場の画家』より、実在の画家ジュゼップ・バルトリの恋や友情を描く予告とビジュアル、さらにジュゼップが実際に強制収容所で描いたスケッチを写し出す場面写真が解禁された。

実話を元にした本作は、1939年スペイン内戦により、避難先のフランスの強制収容所で難民となった画家ジュゼップ・バルトリが、愛する人との再会を胸に、どんな現実も描くことで生き抜く姿を描く。メガホンをとったのは、フランスの全国紙「ル・モンド」などのイラストレーターとして活躍してきたオーレル。ジュゼップが収容所で記した鮮烈なスケッチに触発され、10年の歳月を費やして本作を完成。長編アニメーション監督デビューにして、セザール賞やリュミエール賞など欧州の映画賞を総ナメしたほか、東京アニメアワードフェスティバル2021では審査員を務めた片渕須直監督に絶賛され、コンペティション部門長編アニメーショングランプリを獲得した。

予告は、「1939年のことだ」と、かつてフランスの強制収容所で憲兵だったセルジュが、孫のヴァランタンに、ジュゼップとの出会いについて語り始めるシーンで幕が開く。縛られた人の姿、パンを投げ捨てるように配る性悪な憲兵の姿など、悲惨な収容所の現実を目の当たりにし、嘆くジュゼップ。そんな中、憲兵セルジュから鉛筆と紙を与えられ、彼に一筋の光が差し込む。有刺鉄線を越えた友情、メキシコ亡命後のフリーダ・カーロとの恋、激動の時代をペンを握りながら生き抜き、やがて人生の彩りを取り戻していく姿に希望を感じさせる予告となっている。

ビジュアルでは、「描くことが、生きる希望」のキャッチコピーとともに、さわやかな青空の下でスケッチをするジュゼップの姿と、空に浮かび上がるフリーダ・カーロが描かれ、老いてもなお筆を持つ画家の人生が鮮やかに切り取られている。

また、紛争や迫害から逃れることを余儀なくされた人々の苦境に立ち向かう勇気を称える「世界難民の日」である6月20日に先駆け、ジュゼップが実際に強制収容所で描いたスケッチを写し出す場面写真が解禁。2人の男性が物を運ぶ姿を捉えた場面、すさまじい形相で銃を構える憲兵の姿、収容所で難民が立ち並ぶ様子、骸骨と倒れている人間を描いたスケッチが写し出されている。

劇中では、オーレル監督の繊細なタッチとジュゼップの力強いスケッチがアニメーションとして融合する圧巻のシーンも見どころだ。

アニメ映画『ジュゼップ 戦場の画家』は、8月13日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ