スターバックスでポイントを二重取りする裏ワザ

ラジオライフ.com


スターバックスをはじめとするカフェチェーンは、都市部だけでなく郊外へも出店が進み、全国各地で本格派コーヒーを手軽に楽しむことができます。こうしたカフェチェーンは、独自のプリペイドカードを発行中で、クレジットカードからのチャージも可能。両方を組み合わせることで、ポイントの二重取りもできるのです。

カフェチェーンでポイントを二重取りする裏ワザ

スターバックスカードのポイント還元


日本最大の店舗数となったスターバックスコーヒーでは、プリペイドカード「スターバックスカード」を発行しています。スターバックスカードは利用金額54円ごとにStarが1つ集まり、1年間に250Starを集めるとGold Star会員に昇格。以降150Gold Starが貯まるごとに、最大700円分の利用券が手に入る仕組みです。

スターバックスカードのチャージは、現金のほかクレジットカードも利用可能。このため、スターバックスカードへのチャージでボーナスポイントが貯まるクレジットカードを利用するのがお得。なかでもポイントアップ率が高いのが「JCB CARD W/W plus L」で、ポイント還元率は5.5%に上ります。

しかし、スターバックスでは2021年6月30日までの期間限定で、交通系ICカードを利用すると2杯目のコーヒーが50円引きとなるキャンペーンを実施中。このキャンペーンは、1杯目と2杯目は違う店舗でもOKとなるため、1日2回スターバックスを利用する予定であればスターバックスカードより交通系ICカード利用が有利です。

コメダ珈琲店でポイント還元を受ける


コメダ珈琲店の場合、ドリンクについてはコーヒーチケットを現金で購入するのが一番割安です。ただし、コーヒーチケットは購入した店舗のみで利用可能かつ、食事の支払いには利用できません。このため、コーヒーチケットとプリペイドカード「コメカ」を併用する方法が便利でお得です。

コメカは繰り返しチャージ可能なプリペイドカードで、全国のコメダ珈琲店でチャージや支払いが可能。さらに、チャージに関しては3dセキュア対応のVISA・MasterCardでのオンラインチャージも対応しているため、クレジットカードのポイント還元を受けることもできるのです。

現在のところ、コメカへのチャージでポイントアップするクレジットカードはないため、リクルートカードの1.2%など基本の還元率が高いカードでコメカチャージをする方法がお得。さらに、コメカ自体にも利用金額に応じたポイント還元があり、金鯱メンバーズに登録した場合の還元率は3%です。

ドトールはdカードで10%ポイント還元


ドトールコーヒーには、プリペイドカード「ドトール バリューカード」があり、チャージと購入時のどちらでもポイントが貯まる仕組みです。このうち、購入時のポイントは100円につき1ポイントの固定制ですが、チャージ時のポイントは前年10月~9月の利用金額に応じて10月~翌9月の還元率が5~10%の間で変動する仕組みです。

ドトール バリューカードは店頭での現金チャージのほか、Webサイトからクレジットカードでのチャージにも対応。対応のクレジットカードはVISA・MasterCard・JCBの3ブランドで、Webからクレジットカードでチャージすれば、クレジットカードのポイントも貯まります。

なかでも、dカードはポイントがアップするdカード特約店にドトール バリューカードへのチャージが含まれており、100円につき4ポイント貯まります。ドトール バリューカード自体がチャージ・利用で最低でもほぼ6%還元があることを考えると、dカードのチャージと合計してほぼ10%還元を受けられるのです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ