菊池風磨(Sexy Zone)、田中樹(SixTONES)ら新キャストが新たな物語を紡ぐ 『DREAM BOYS』製作発表会見レポート

SPICE



2004年1月、ジャニー喜多川作・構成・演出、滝沢秀明主演による初演が行われて以来、キャストや内容を変えながら再演が続いている『DREAM BOYS』。“少年たちの夢と挫折、友情”をテーマに、若々しさとパフォーマンス力を備えた二十代のジャニーズタレントたちにより、大切に紡がれてきた作品だ。17年間の歴史の中で、KAT-TUNや関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、King & Princeといったグループのメンバーが出演してきた本作が、2021年9月、帝国劇場に戻ってくる。

今回は、過去の『ドリームボーイズ』において9公演のみチャンプを熱演した菊池風磨(Sexy Zone)が満を辞して主演を務める。対するチャンプを演じるのは、2011年公演で主人公の弟を演じた田中樹(SixTONES)。また、2019年に引き続き、演出を手がけるのは堂本光一。7 MEN侍が続投する他、少年忍者より選抜メンバー13名が新たに参加し、2021年版カンパニーを作り上げる。

製作発表会見には、菊池風磨、田中樹、7MEN侍、少年忍者より川﨑皇輝ヴァサイェガ渉北川拓実織山尚大黒田光輝が顔を揃えた。

登壇後に特大ポスターが公開されると、菊池が「感動しますね」と感慨深げに言い、田中も「これって持って帰れますか?」と嬉しそうに尋ねる。「ちょっと治安が悪めですね」と言いつつ、迫力あるビジュアルに笑顔を見せていた。

菊池風磨:この度はこのような素敵な演目において、10年来の付き合いとなる田中樹と、帝国劇場という場所でパフォーマンスできることを心より嬉しく思っております。

田中樹:この作品にはJr.時代から憧れがありました。こんな時代ですが、菊池とJr.のみんなと手を取って、全身全霊でエンターテインメントをお届けしたいと思います。
7 MEN 侍(左から中村嶺亜、本髙克樹、菅田琳寧、佐々木大光、今野大輝、矢花黎)
7 MEN 侍(左から中村嶺亜、本髙克樹、菅田琳寧、佐々木大光、今野大輝、矢花黎)

中村嶺亜:前回に引き続きキャスティングしていただいたので、前回よりも良い、強いチームになれるように頑張りたいと思います!

本髙克樹:7MEN侍として、スケボーだったりバンドだったり、さまざまな形で『ドリームボーイズ』に参加させていただいています。今まで以上のパフォーマンスができるように頑張ります。

菅田琳寧:今年もチャンプチームの一員として、力強い、そして存在感のある役を演じられるように頑張りたいと思います。

佐々木大光:新しいチャンプの田中樹くんの背中を追いかけて、今年も頑張りたいと思います。

今野大輝:歴史ある舞台にまた出演できるのはすごくありがたいことだと思っています。風磨くんと樹くんの背中を見てたくさん学びたいと思います!

矢花黎:昨年が初めての『ドリームボーイズ』出演だったので、今年は昨年学んだことを活かして頑張りたいと思います!
少年忍者(左から黒田光輝、織山尚大、北川拓実、ヴァサイェガ渉、川﨑皇輝)
少年忍者(左から黒田光輝、織山尚大、北川拓実、ヴァサイェガ渉、川﨑皇輝)

川﨑皇輝:少年忍者としては、『ドリームボーイズ』に初めて出演します。少年忍者としても僕個人としても、作品を盛り上げられるように精一杯頑張ります!

ヴァサイェガ渉:僕は6年ぶりに『ドリームボーイズ』のステージに立ちます。今回は仲良くさせてもらっている先輩の風磨くん、樹くんと一緒に出演できるのでとても楽しみです!

北川拓実:『ドリームボーイズ』に出演するのは初めてですが、みんなで力を合わせて盛り上げていこうと思うのでよろしくお願いします。

織山尚大:今回が初の出演ですが、精一杯、本気で頑張っていこうと思っています。

黒田光輝:憧れだった『ドリームボーイズ』の舞台に立てるのはすごく光栄です。もっと頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします!

続いて質疑応答が行われた。

ーー菊池さん、田中さんはかつて別の役で出演していました。それぞれ大きな役で帰ってきた感想はいかがですか?

菊池:2015年にチャンプを演じてから6年経ち、帝国劇場という場所の大きさを改めて感じました。プレッシャーもありますが、また帰ってこられたこと、樹と一緒にやれることを嬉しく、光栄に思っています。光一くんからは「ミュージカルとは」を教わり、普段挑戦しないような演目やパフォーマンスにも挑戦したら良いんじゃないかというアドバイスをいただきました。

田中:ジャニーズ事務所に所属する前、滝沢くんの『ドリームボーイズ』から客席で観ていました。この作品に対する強い憧れがあったので、僕なりのチャンプを全力で演じたいです。先輩たちが築き上げてきた『ドリームボーイズ』に、エッセンスとして僕と風磨の色が加わるんじゃないかなという確信があります。

ーー今まで出演・観劇して感じた“ドリームボーイズの良さ”を教えてください。

中村:この作品の魅力は、泥臭い男の友情と、夢を追いかける熱さにあると思います。

川﨑​:ジャニーズの先輩方が長く続けてきた舞台に少年忍者として参加させていただけるのはとても嬉しいです。男らしい絆・戦いを、僕らの力で盛り上げたいです。

田中:輝かしい部分とそうじゃない部分を生々しく描いている作品だと思います。等身大の男を描いているので、感情移入して観られるんじゃないかと。

菊池:ジャニーさんらしさが色濃く出ている舞台だと思いますし、樹が言うように、陰と陽の対比が熱い作品だと思いますね。

ーー7 MEN侍と少年忍者の皆さんから、菊池座長と田中チャンプに関する秘蔵エピソードはありますか?

中村:風磨くんは、忙しい中でも僕らの公演を見にきてくれたり、前向きなアドバイスをくれたり、すごく格好良い先輩です。樹くんにはうちの本髙がラップについてアドバイスをいただくなど、楽曲面でお世話になっているので、一緒にステージに立てるのが嬉しいです。

本髙:樹くんがデビューする時「これからのJr.のヒップホップはお前らに任せた!」って言ってくださって、格好良いな~! って感動して。

菊池:「Jr.のヒップホップは任せた」!?(笑)。

田中:ちょっと恥ずかしくなってきた(笑)。

ヴァサイェガ:樹くんは毎年お年玉をくれる優しい先輩です。風磨くんは、去年「おさがりの服をください」ってメールをしたら「あげるよ!」って言ってくれたのですごく楽しみに待ってたんですけど、一年経ってもくれなくて……(笑)。

菊池:まだ自分の服買ってないからおさがりがなくて(笑)。

川﨑​:僕は2015年のSexy Zoneのコンサートで風磨くんの小さい頃を演じたんです。その時に手書きの台本をいただいて、本当に優しい先輩だなと。今でも大切に保存しています。この会見に備えて改めて見直して、突っ込めるところを探したんですけど、誤字も脱字も全くなくて。6年後の会見には優しくないなと感じました(笑)。

菊池:先輩の粗を探すんじゃないよ(笑)。

ーー久しぶりに生の舞台を観る方も多いと思うので、メッセージをお願いします。

菊池:Sexy Zoneでライブを行う中で、応援してくださる皆さんが目の前にいらっしゃることが僕たちのエネルギー源だと身に染みて感じています。今度は僕たちが皆さんの活力になれるよう、精一杯パフォーマンスしたいです。

田中:足を運ぶのが不安になるような状況でも来てくださる、時間を使ってくださる方がいるありがたみを強く感じます。舞台を通して、エネルギーや生きていくための糧になるようなメッセージを皆さんに伝えられたらと思っています。

本髙:去年の『ドリームボーイズ』は、スタッフさん・キャストとも徹底した安全対策を行って無事に公演を終えました。今回も最後まで無事に走り抜けられるよう、より責任感を持って挑みたいと思っています。

黒田:僕たち少年忍者は、2年くらい直でお客様に会うことができていないんです。『ドリームボーイズ』という舞台で、皆さんの前に立てるのがすごく嬉しいです。この作品を通して、お客様の人生に良い影響を与えられたらと思っています。

ーー作品の生みの親であるジャニーさんに伝えたいことはありますか?

佐々木:僕と嶺亜は4年連続で出させていただいていて、ジャニーさんから「チャンプチームは輩っぽく見えてしまうけど、そうじゃなくて熱い男を見せてほしい」と言われたのを覚えています。今年も新しいチャンプの樹くんの背中を見ながら、熱い男を6人で演じたいです。

織山:僕はどの舞台でも死ぬ気でやると決めています。そこをジャニーさんも認めてくれて、色々な舞台に出させていただいたので、今回も本気で向き合いたいと思っています。

川﨑​:もちろん僕たちも思いをひとつに、死ぬ気でやります!

田中:「なんでYOUと菊池がやるの?」って言われそうなので、なるべくジャニーさんにバレないようにしたいです(笑)。ライブでも舞台でも「ジャニーさんどうだった?」って聞くと「僕のことはいいからファンの人たちのことを考えなさい」って言われていたので、シンプルに、観にきてくださった人を満足させられるものを作り上げたいです。

菊池:とにかく僕と樹らしくを念頭に置こうと思っています。ジャニーさんにも、「僕たちらしくやるから見ててね」と。樹も言うように、ジャニーさんに感想を聞くと「僕はいいから」って。そのわりに僕ららしくやると「最悪だったよ」って言われたりするんですけど(笑)。僕たちらしく、ジャニーさんにもファンの皆さんにも喜んでもらえる作品にしたいと思います!

続いて行われた囲み取材には、菊池風磨、田中樹、中村嶺亜、本髙克樹、川崎皇輝、ヴァサイェガ渉が登壇した。

ーーまずは出演が決まった時の気持ちを教えてください。

田中:5度聞きくらいしました。「いいの!?」って。

菊池:オーディションで初めて樹に会った時は、当然ながら2人とも何者でもなかったし、10年以上経ってもその時の感覚は変わらなくて、2人でいると普通の20代男子。そんな2人が帝国劇場に立つというのはすごく感慨深いものがあります。

田中:リアル“ドリームボーイズ”だよね。風磨となら話が早いというか、良いものを作るための一歩を踏み出しやすいと思いました。

ーー過去の公演で先輩たちはかなり大技を繰り出していましたが、構想はありますか?

菊池:なるべく先輩たちの大技を記憶から消しているところです(笑)。構想としては命綱なしのフライングかなと。

田中:無理だろ!(笑)。

菊池:無理かなぁ。それぐらいしないと(先輩たちを)超えられないですよね。

ーーこの話(『ドリームボーイズ』の上演について)はいつ頃聞いたんですか?

田中:風磨が空を飛べるって話ですか?(笑)。

菊池:あんまり人に言ってなかったんで(笑)。

田中:ドリームボーイズの話は2、3ヶ月前ですかね。

ーー体作りはもう始めているんでしょうか。

田中:はい、徐々に。風磨は元から仕上がってるし、そもそも体の線が違うので、お互い歩み寄ろうと思っています。

菊池:見せ場のひとつとしてボクシング対決があるんですけど、今のところ階級が3つくらい違うので、僕は線を細くして、樹は大きくなろうと話しています。

ーー7 MEN侍、少年忍者としてはいかがですか?

中村:最初の挨拶で、(菊池に)「まず体を大きくすることから始めよう」と言われて、みんなで鍛え直しているところです!

川﨑​:我々は(7 MEN侍以上に)線が細い人が多いので……。

ヴァサイェガ:特に僕とか。体育の授業でやってはいるんですけどね、腕立て20回とか。

川崎:20回でなんとかなります?

中村:うちの菅田は(腕立てを)無限にやってますけど、普通何回くらいやるんですか?

菊池:僕はもうやってないですね。自分の体重じゃ物足りなくなってきて。体育の授業ともうちょっとやるといいと思います。

ーー最後に、改めてファンの皆さんに向けたメッセージをお願いします。

田中:このご時世の中、エンターテインメントが持つ力を信じて努力し続けてきたメンバーが帝国劇場に集まります。こんな時だからこそ「来てよかったな」「『ドリームボーイズ』いいな」というのはもちろん、「エンターテインメントっていいな」と思ってもらえたら。全身全霊すべて注ぎ込むので、ぜひ観にきていただきたいです。

菊池:帝国劇場に立つという責任と自覚を持ち、『ドリームボーイズ』という作品を通して夢のステージを作れるよう精進してまいりたいと思います。ジャニーズJr.もそうですし、田中樹と一緒にできるのが僕にとって意味のあることなので、一生懸命取り組んでいきたいと思っています。

取材・文・撮影=吉田沙奈

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ