沖縄県で土砂災害の危険度高まる お休み前に今一度お住いの危険度の確認を!

日直予報士

17日夕方から雨が強まりだした沖縄県の南部と中部では、土砂災害の危険性が高くなっています。18日明け方にかけて土砂災害に厳重に警戒して下さい。

●土砂災害警戒メッシュ

日付が変わって18日午前0時40分、土砂災害の危険度を示したマップです。沖縄県の南部では紫で示す非常に危険、濃い紫で示す極めて危険の個所が見られます。そのほか警戒を示す赤い表示が広がっていて、土砂災害の危険性が高くなっている状況です。18日午前0時40分現在、那覇市、浦添市、中城村、八重瀬町、南城市、南風原町、西原町、与那原町に大雨警戒レベル4相当の「土砂災害警戒情報」が発表されています。

●大雨警戒レベルと防災気象情報

「土砂災害警戒情報」は大雨警戒レベル4相当でとるべき行動の目安として「危険な場所から全員避難」することです。

●今から警戒すべき点・避難上の注意点

・夜の避難は危険が伴います。無理な避難は控えて下さい。頑丈な建物の2階以上、より高い所で身を留めて下さい。
・また、周囲に急な崖や山などがある場合には、崖や山から離れた部屋に移動し、少しでも命が助かる行動をとってください。
・お住いの地域の雨の状況や発表されている情報をすぐにキャッチできるようスマートフォンやタブレット端末を手の届く所において随時情報をアップデートしてください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ