佐藤タイジが呼びかける「ソラリズム夏2021」ラインナップ第2弾にJesse Mcfaddin、荒井岳史(the band apart)ら発表! 充実のトークプログラムも!

Rooftop


111.jpg

アースガーデンで、2021年7月18日(日)にアーティスト「佐藤タイジ」とともに、野外ライブ「ソラリズム夏2021」を開催する。ラインナップ第2弾にJesse Mcfaddin、荒井岳史(the band apart)など豪華アーティストが追加発表された。また、充実のトークプログラムも発表。

今回、佐藤タイジの呼びかけで集ったアーティスト達、Char、清春、JESSE、荒井岳志、金子マリ、KenKen(AfroBegue)、そしてテクニック、キャリアにおいて最強バンドの一角を占めるシアターブルック、この顔ぶれと彼らの今回の音楽ジャンルの幅広さ、さらに東京の西端の里山に500人限定で集う在り方が、まさに「ソラリズム」で佐藤タイジが示す“新しい野外LIVEムーブメント”の、ポストコロナへのビジョンを体現している。地域での開催だからこそ実現する民謡グループ「こでらんに~ with 金子マリ」、さらにベーシストKenKenを擁する「AfroBegue」のアフリカン・グルーヴまでが交じり合って、7/18当日にどんな音楽の輪が広がるのか、豊かな里山の環境と共に大きな期待が広がる。

太陽光エネルギーでのフェス「THE SOLAR BUDOKAN」を3万人の場に成長させた「佐藤タイジ」と、コロナ禍の中でいち早く立ち上がり継続してきた「多摩あきがわLiveForest」。二つの歩みが必然的に重なりあい、音楽と自然、文化と地域、それぞれの仲間やフィールドの輪が急速に交わり広がっている。

すでに具体的な手を挙げる仲間が、埼玉、千葉に現れ、山梨、静岡、山口の仲間とも可能性を話し始めている。そしてメディアでも佐藤タイジのInterFM番組での呼びかけから、雑誌&WEBなどへも着々と波紋が広がっている。日本の音楽文化と経済の先行きが混沌とした今こそ、佐藤タイジの逆境に明るく、ポジティブに前に進み、仲間にビジョンを指し示す存在感は希望そのもの。トークゲストまで含めた今回の参加アーティスト達と共に、ソラリズムという音楽文化復興への野外ライブムーブメントにぜひご参加を。

■ライブ出演者

シアターブルック guest Char

清春

Jesse McFaddin

Afro Begue

荒井岳史(band apart)

こでらんに~ with 金子マリ

Hanah Spring

AGRI CRAFT(あきる野)

田中克海(民謡クルセイダーズ/福生)

モノノケダンスクラブ(ふっさ妖怪盆踊り)

DJ YO-GIN(WOODLAND BOTHY 養沢)

■トーク出演者

ジョー横溝(君二問フ編集長)

村上敬亮(中小企業庁)

加藤梅造(ロフトプロジェクト代表取締役)

津田昌太朗 (Festival Life 編集長)

佐々木俊尚(ジャーナリスト)

青木亮輔(東京チェンソーズ/檜原村) ほか

佐藤タイジ コメント
日本の地方地域には野外ステージが沢山あります。そこにこの状況で使われなくなったスピーカーを組み、仕事を求める仲間と準備をしましょう!そして近所のジィちゃんバァちゃんも来たくなるような出演者を呼びましょう!ロック、演歌、ヒップホップ、民謡、レゲエ、盆踊り、洋楽、邦楽、ジャンルや

人種を超え世代の垣根を超え、新しい文化を育て古い文化をアップデートしましょう。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ