ライカが監修した初のスマホ「LEITZ PHONE 1」、ソフトバンクから独占登場! 1インチセンサーがエグい

1-2
Image: ソフトバンク

コラボじゃありません、ライカのスマートフォンです。

ライカが監修する初となるスマートフォン「LEITZ PHONE 1」(製造はシャープ)が、ソフトバンクから独占販売されることが発表されました!

5Gスマートフォンとして登場するLEITZ PHONE 1の特徴は、なんといってもそのカメラ性能。業界最大級の1インチセンサーを搭載し、F1.9、焦点距離19mmの7枚構成レンズと組み合わせることで、暗所でも明るく、早い動きにも強く、そして自然な色味での写真撮影が可能です。さらに「Leitz Looks」モードでは、ライカらしいモノクロ写真も撮影できるんですって!

画面は6.6インチのPro IGZO OLEDディスプレーで、なんと1~240Hzでの駆動周波数の調整が可能。プロセッサはSnapdragon 888、RAMは12GB、内蔵ストレージは256GB、バッテリー容量は5000mAhと、スキのないハイエンドスペックです。
Image: ソフトバンク

付属ケースやライカのロゴマークが入ったマグネット式のレンズキャップもカッコいいですね! 所有欲をガンガン刺激してくれるスマートフォンです。

LEITZ PHONE 1は、6月18日(金)から予約受付を開始し、7月以降に販売されます。報道によれば、本体価格は18万7920円(税込)とのこと。くっ、やはりライカのスマートフォンは安くない…しかし、それだけの価値がきっとあるんでしょう。

Source: ソフトバンク , ITmedia

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ