映画『47 歳 人生のステータス』田村淳、友近、ハリウッドザコシショウら主人公と同じ47 歳の著名人から"共感"コメントが続々!

Rooftop


unnamed.jpg

MIRAIL(ミレール)、 Amazon Prime Video、 U-NEXT の動画配信サービスにて絶賛オンライン上映中の、 ベン・スティラー主演で人生に迷った中年男性の悲哀と再生をユーモラスに描いた、 スターチャンネルの映画レーベル“STAR CHANNEL MOVIES”作品『47歳 人生のステータス』の主人公と同じ47歳(+アラウンド47歳)の著名人の方々から、 本作を鑑賞されての共感・絶賛コメントが続々と到着。

また、 ”47歳"にちなんだキャンペーンとして、 47歳の方のみ特別価格470円(税込)<通常価格1,200円(税込)のところ>で本作を鑑賞できるキャンペーンを、 上映中の動画配信サービスの1つであるMIRAILにて実施。

本作は、 『ムーンライト』『ミナリ』など社会問題をテーマにした上質な作品でアカデミー賞などの賞レースを賑わす、 ブラッド・ピット率いる映画スタジオのプランBエンターテインメントが製作、 監督と脚本を勤めたのは『スクール・オブ・ロック』の脚本を担当したヒットメーカーで独創的な視点が注目されるマイク・ホワイト、 そして主演に近年はプロデュース・製作・監督・出演と多方面で活躍するベン・スティラーを迎え、 息子の大学受験を機に自分自身のミッドライフ・クライシス(中年の危機)と向き合うことになった主人公の葛藤と不安を、 どこかユーモラスでありつつもリアルに描いた、 すべての悩める大人たちに贈る人生讃歌の物語。

さらに今回は、 マイク・ホワイト監督の海外リモートインタビューを収録した特別動画も解禁。

特別インタビュー動画は、 日本での上映に際し新たに行ったマイク・ホワイト監督の海外リモートインタビューを中心に、 本編映像や撮影中の監督と出演者の様子、 ベン・スティラーのインタビューも収録。 ホワイト監督は「中年男性の葛藤を悲しくも可笑しく描いた。 ベンは繊細で味のある演技をしてくれたよ」と、 長年の友人でありながらも今作が初タッグとなったベン・スティラーについて語り、 一方ベン・スティラーは「誰もが共感できる作品に仕上がった」と本作への期待を述べている。

■田村淳(タレント/ロンドンブーツ1号2号)[47歳]

「自分と他者」「幸福とは」を考えさせられる映画! ベン・スティラーの哀愁漂う演技にリアルさがあった!

■友近(芸人)[47歳]

47 歳でまだそんなこと言ってんのか!? と説教したくなりました。 人と比べる人生ほど馬⿅げたものはない! 自分は何をしたいのか!自分自身の幸せって何か!それを早くに気づき実行に移せた人が本当の心の富を得られるのだと思う。 人の幸せを素直に喜べない人はきっと一生幸せになれないですね。

■ハリウッドザコシショウ(お笑い芸人)[47歳]

お! ええやんええやん! 誰でも生きてりゃあ成功も後悔もあるやん! 人生なんて不安だらけで、 あそこをあーやったなーって思う時あったりするけど、 結局後悔ないやん! シュシュっといったらええやんええやん! シュ~! そんな映画です!

■小沢一敬 (芸人/スピードワゴン)[47歳]

47 歳。 今の時代まだこの年齢なら何でもできるし何にでもなれると思ってる自分。 それでいてもうこの年齢でできることなんてたかが知れてるんじゃないかって諦めかけてる自分。 どちらも47 歳の今の自分の素直な気持ち。 若い世代を羨んでしまう時もある。 僕は誰に認めてもらいたかったんだろう。 昔の友たちは元気にしてるだろうか。 昔の友達に会いたくなった。 その時は昔話は無しにしよう

■野間口徹(俳優)[47歳]

映画を見終わったとき、 少しだけ身体が軽く感じ、 景⾊が違う⾊に見えると思います。

■和泉元彌(狂言・和泉流⼆十世宗家)[47歳]

十人十⾊、 人生の選択は無限大! 他人と比べても仕方ない!! そうは思えない…情けない時も。 僕は主人公のような人生、 大好きです。 必死に走って、 転んで、 悩んで…でも、 「この人生でよかった」とこんな風に気付けたら最高です。

■塚越友子 (臨床心理⼠・公認心理師)[47歳]

中年期の危機といっても⽩人男性の1等地をめぐる贅沢な悩みを、 ⻘年期の息子との対比を用いることで、 中年期以降をどう生きるか︖というテーマに昇華させていくさまが見事だ。

■ジェーン・スー(コラムニスト)[48歳]

こんなに笑えない、 共感できないベン・スティラーは初めてで目が離せませんでした。 一方、 同世代の男性は「理解できる」とのこと。 私たちはもっともっとお互いのことを知らなければならない!

■佐久間宣行(テレビプロデューサー)[45歳]

自分が心のなかに苦労してしまい込んだものをベン・スティラーがガンガン掘り返していく。 見てる間ずっと、 やめろ…やめてくれ…って思ってた。 共感したくないのに死ぬほど共感する。 そして切ない。 地味なふりして爆弾みたいな凄い映画。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ