第一回「ー復活おじさんの眼その1ー平野悠 東京郊外散歩紀行」

Rooftop

おじさんの眼 復活劇
 Rooftop編集部から、「平野さんはロフトの広告塔なんだから、ちゃんと連載を書いてくれなければ困ります!」と宣告があった。

確かに現在、私の主戦場はFacebookになっている。しかも、無条件にお友達承認をしているので2,500名の人たちと繋がってしまっている。でもさ、このRooftopはいつのまにか月刊200万PVを達成しているとのこと。そろそろFacebookもTwitterも飽きが来ているし、編集のアイコ女史に週一回くらいは原稿を送ろうと思う。ただ、コメント欄がないし、ただ書きっぱなしなのは欲求不満だな。

とりあえず出かけてみようと思い、"朝寝坊した休日でもたっぷり楽しめる東京近郊「超小さな旅」という本"とうたわれていた『東京発半日徒歩旅行』を買ってみた。

IMG_0844.jpeg168400517_3936570436420011_4527733432240211159_n.jpg
埼玉県「風影ー顔振り峠ー黒山」

なんとも美しい地名だ。

いいですね。かおふりとうげ。

風変わりなその地名に惹かれて、登山を試みた。なんとなく哀愁を帯びた地名。飯能の先の奥秩父。西武秩父悟野駅へ。

平安時代、義経と弁慶が奥州に逃れるため、顔を振り返り振り返りしながらこの峠を越えたという。明治には幕府軍に味方した渋沢栄一の養子・渋沢平九郎が、飯能で幕府軍の官軍と激突。敗れた平九郎はこの顔振り峠に落ちて行ったそうだ。

平家の落ち武者の集落が点在する山道を1時間半ほど登る。

この地はまだ桜が満開だった。苦労して登った山々は、息を呑むほど絶景だった。

山また山のその谷あいの小道のはずれに一軒宿。

私は聞くともなく遠いヒバリのさえずりに耳を傾けている。

山を越えて石ころだらけの道に立つ。

今日の太陽は私の傷を照らす。

今日の桜は去らない。

雲が切れて見渡す奥秩父の山並み。

右側に川がゆっくり流れている。

コロナ禍の中、1日限りの小さないい旅をした。

168460439_3936568909753497_2006380680380356510_n.jpg168192520_3936569273086794_3759715303155977863_n.jpg168594826_3936569616420093_267589353036746224_n.jpg

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ