唐沢寿明『ボイスII』、若手新キャストに宮本茉由&中川大輔&藤間爽子

クランクイン!

 俳優の唐沢寿明が主演する7月10日スタートのドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系/毎週土曜22時)より、新たな若手レギュラーキャストとして宮本茉由、中川大輔、藤間爽子の出演が発表された。3人は立場は違うが、それぞれ警察官役を演じる。

2019年7月期に放送された『ボイス 110緊急指令室』の続編となる本作は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする港東署の緊急指令室「ECU」を舞台とした、タイムリミットサスペンス。

勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への報復に燃えた男・樋口彰吾を唐沢、そして緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)として事件の鍵を「声」「音」でひもとく橘ひかり役を真木よう子、そして樋口を“兄貴”と慕う後輩捜査員・石川透役を増田貴久が、前作に続き演じる。

2020年の『トップナイフ』以来の日本テレビドラマへの出演となる宮本が演じるのは、ECU(緊急指令室)の真面目で優秀な若き副室長・山城早紀役。警察大学校を首席で卒業したキャリアで、上昇志向が強く、組織を重んじる山城は、橘(真木)の「特殊な聴覚」を、警察官としての正当な能力ではないと考え、ひかりにしばしば意見をぶつける、という役どころとなる。宮本は、「緊迫した雰囲気の中、一生懸命撮影をしているので、これから約3ヵ月間、視聴者の皆様にも『ボイスII』の1分1秒を争う緊張感のある世界観をお届けできるように頑張ります!」と意気込んだ。

メンズノンノモデルグランプリを獲得後、『仮面ライダーゼロワン』の出演で注目を集め、『極主夫道』『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』など話題作への出演が続く中川が演じるのは、神奈川県警捜査一課の捜査員・片桐優斗役。片桐は、捜査一課長に若手有望株として見い出され、相棒として行動を共にするほど頼られているが、物怖じせず思ったことをそのまま発言するので、周りを驚かせることもあるという役どころとなる。中川は、「唐沢さんのアクション、そして現場全体のことを考えてくださる姿勢と真木さんの力強いお芝居に刺激を受け、これから『ボイスII』の撮影に全力を注いでいきます」とコメントした。

そして、2月に日本舞踊家の家元として三代目藤間紫を襲名し、本作が初の連ドラレギュラー出演となる藤間が演じるのは、ECUに配属されたばかりの新人室員・小松知里役。立場の弱い人々を助けたいという正義感から警察官を志した小松は、小柄で一見大人しく見えるが、常に冷静で肝が座っている室員。緊急指令室でのひかりや早紀との連携も見ものとなる。藤間は、「ECUの一員として、威厳を持って様々な事件に立ち向かいながらも、小松の人間らしい一面も垣間見えるといいなぁと思っています」とメッセージを寄せた。

ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』は、日本テレビ系にて7月10日より毎週土曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。