大満足コスパ【幸楽苑】のテイクアウト♪ しっかりボリュームの「餃子&炒飯」「W餃子」食べ比べ!

ウレぴあ総研

幸楽苑では、4月下旬に「幸弁」が発売されました。

今回は、お手頃な値段でがっつり食べられると噂の幸楽苑のお弁当を実際に購入し、レビューします。

コスパやボリューム、クオリティなどをしっかりと検証していくので、ぜひ参考にしてみてください。

■幸楽苑のお弁当「幸弁」5種

4月下旬に、幸楽苑から発売されたお弁当、「幸弁」を実際に購入してレビューします。

ガッツリ食べられる餃子チャーハンのお弁当や、餃子好きにはたまらないW餃子弁当など、お腹いっぱいになれそうなメニューが揃っています。

全品にザーサイ、炒飯以外のお弁当にチャーシューが付いてくるのも魅力です。

メニューは、「餃子・チャーハン弁当」「餃子弁当」「W餃子弁当」「W餃子・チャーハン弁当」「カレー弁当」の5種類です。

注文するときは、事前に電話で注文するとスムーズです。

筆者の場合、取りに行く1時間前にお店に電話をして、お店に着くとすぐに受け取りができました。

もちろん、日によって変わってくると思うので、注文の際は近くのお店に問い合わせてみてください。

■餃子・チャーハン弁当 550円

まずは、餃子が6個とチャーハン、ザーサイが入った餃子・チャーハン弁当です。

出来立てのジューシーな餃子と、具がしっかり入った本格的な炒飯の組み合わせは、言うまでもなく最高です。

餃子は大ぶりで、餡がしっかり詰まっていて食べ応え抜群です。

また、チャーハンはネギや卵、お肉がたっぷり入っていて、にんにくの風味が効いています。

女性1人だと、かなりお腹いっぱいになれるサイズでした。

餃子と、炒飯のこってりした中に、こりこりしたザーサイが加わることで、食感もよく食べられます。

餃子・チャーハン弁当に似たものとして、W餃子・炒飯弁当(700円)もあります。

1人前じゃ物もの足りない! という方や、おかずを複数人でシェアして食べたい、という方におすすめです。

■W餃子弁当 650円

W餃子弁当には、餃子が12個と白米、ザーサイとゆで卵がついてきました。

公式ホームページの写真では、ゆで卵ではなくチャーシューがついていたので、少し残念でした。

というのも、白米の上にチャーシューをのせて、台湾料理のルーロー飯風に食べるのを期待していたからです。

付け合わせのおかずは、店舗によってはメニューと違う場合があるようです。

しかし、そんな筆者の気持ちは、絶妙にとろとろな卵を食べた瞬間に吹き飛びました。

黄身の部分に、餃子のたれを少しだけ垂らして食べると、味付け卵のような味になってさらに美味しかったです。

W餃子弁当なので、餃子が12個も入っています。

幸楽苑の餃子は、他の中華料理系のチェーン店と比べても、大きい方だと思います。

女性一人だと、餃子2人前(12個)と普通盛りの白米、満腹中枢を刺激してくれるゆで卵を、一度で食べきるのは無理がありました。

男性でもかなり、お腹いっぱいになれると思います。

もしも食べきれなくても、ラップをしておいて次の日に食べればいいですし、コスパはとても良いですね。

また、餃子は2人前も要らない! という方のために、餃子が1人前の餃子弁当(500円)もあります。

こちらはW餃子弁当と比べると150円安くなっています。



今回は、幸楽苑のお弁当「幸弁」をご紹介しました。

量は、女性一人なら餃子1人前のお弁当で、じゅうぶん満足できると思います。

もっとたくさん食べたい人や、複数人で分け合うときは、W餃子がついているお弁当にした方がお得です。

味は総じて美味しかったです。

特に幸楽苑の餃子は大きく、こんがり焼きあがったジューシーな餃子なので、ぜひ一度はトライしてもらいたいおすすめの商品です。

付け合わせのザーサイや、半熟たまごも文句なしの美味しさでした。

気軽に美味しい中華料理が、おうちで楽しめる幸楽苑のお弁当。

時間がないときや、自分への小さなご褒美として食べてみてくださいね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ