『キングオブコントの会』大好評! 第7世代コント番組『新しいカギ』と明暗…

まいじつ

『キングオブコントの会』大好評! 第7世代コント番組『新しいカギ』と明暗… 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月12日、スペシャルコント番組『キングオブコントの会』(TBS系)が放送された。他局のコント番組と比較して、称賛する声が相次いでいる。

同番組は、『ダウンタウン』松本人志、『さまぁ~ず』、『バナナマン』の『キングオブコント』審査員や、『東京03』、『ロバート』、『シソンヌ』など大会出場者がユニットを組んでコントを繰り広げる豪華な番組。コントの一つひとつにしっかりとしたセットを組んで、予算不足が叫ばれる近年のテレビ界ではあまり見られない豪華な番組作りとなった。

それぞれのコントの脚本は出演芸人たちがそれぞれ考えたようで、なんと松本も2本のコントを考案。どのコントも上々な評判で、出演した芸人たちが軒並み評価を上げる最高の結果となった。

第7世代の『新しいカギ』はつまらない?


そんな一方で、4月よりフジテレビ系でスタートしたコント番組『新しいカギ』と比較する声も続出。

《キングオブコントの会、面白かったー! コントをわかってるコント師がつくるコントって本当に面白い。 みんなよかったし、みんな好き。 新しいカギのプロデューサーよ、あれがコントだよ》
《キングオブコントの会さいこーでした! 新しいカギって第7世代がやってる新番組と比べ物にならない》
《キングオブコントの会、面白い。色々なタイプのネタを凄い速度で消化していってSP感がある。 新しいカギで期待してたものが全部詰まってる》
《新しいカギ見てテレビで面白いコント番組なんてもう見れないんだろうなとか思ってたら、キングオブコントの会普通におもしれーじゃん》
《自分が新しいカギやLIFE、ただいまコント中が好きだって前提で、キングオブコントの会が近年のコント番組で頭一つ突き抜けてた感じがする》

など、『新しいカギ』のダメさを改めて指摘する声があがっている。

「『キングオブコントの会』に出演していた『ハナコ』と『チョコレートプラネット』は、『新しいカギ』のレギュラーメンバーです。にもかかわらず、『新しいカギ』だけ酷評されるのは、脚本の質の差でしょう。『キングオブコントの会』は〝最近のお笑い〟を、昔のような豪華なセットでやっているのに対して、『新しいカギ』は〝昔のお笑い〟を昔のセットでそのままやっているだけ。あまりにもネタが古臭く、お笑い第7世代の番組とは思えないことになっているのです」(芸能記者)

このコント番組の質の差が、そのまま近年のTBSとフジテレビのバラエティー番組の差になっているのかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ