井上芳雄、堂本光一の進言でカーテンコールは「もう帰れー!」

 

6月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、ミュージカルを中心に活躍する俳優の井上芳雄がゲスト出演。公私ともに親交のあるKinKi Kids・堂本光一からカーテンコールでのアドバイスをもらった話題で盛り上げた。

 

東野幸治「カーテンコール多すぎません?」

堂本光一とは3年前の舞台で初共演して以来、お互いの舞台を観に行くなどリスペクトしあう仲だという井上。「お互い嫌われてると思ってたんですよ。同じようなポジションだし。で、1回飲みに行ったんです。そしたらスゴい話が弾んで、『めっちゃいいやつだ』と思って」と仲良くなったきかっけを語った。

 

続けてMCの東野幸治から「光一さんから“いい言葉”をいただいたんですか?」と聞かれた井上は「僕の舞台をよく観に来てくださるんですけど、その時に普段の自分と違って猫背で陰キャの役をやってて。カーテンコールも何となくその役の感じのまま出てたんですよ。そのほうがお客さんも『役が抜けないんだな。あの人はスゴい』って思ってくれるんじゃないかなと。そしたら光一くんが『1つだけ。最後は井上芳雄で出てった方がいいんじゃない?』って。それで『確かに!』と思って、次の日から猫背だったのを胸を張って出て行ったら、さらにお客さんが喜んでくださった」と語った。

 

そんな井上に東野が「俺もミュージカル観に行きますけど。カーテンコール多すぎません?5回ですよ?1、2回は分かるから席立とうと思ったら、また主役の2人が出てくるからもうこう(拍手)せなしょうがない」と愚痴ると、井上は「まあ、ちょっと根くらべみたいなところありますよね。いつまで行くか?みたいな。俺たち袖で待ってるぞ!って」と笑わせる。

 

すると同じくゲストの神田沙也加が「井上さんのカーテンコールスゴい好きなんですよ。だんだんちょっとテンションが上がって行っちゃって『フォー!』って時あるじゃないですか」と振ると、井上も「あと最終的には『もう帰れー!』って言うときがあります」と明かし、これに東野は大爆笑していた。

※トップ画像は『行列のできる法律相談所』公式Twitter(@gyoretsu_ntv)より

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ