8月に音楽宅急便コンサート オンライン開催、ヤマトホールディングス

OVO



ヤマトホールディングス(東京都中央区)は8月11日午後5時から、ヤマトグループ公式ユーチューブチャンネルで「音楽宅急便2021『クロネコファミリーコンサート』~KID’s GROWING STORY~」を配信する。

音楽宅急便「クロネコファミリーコンサート」は、社会貢献活動の一環として、1986年から毎年開催。当時の小倉昌男社長(故人)の「本物の、いい音楽を年齢や地域を越えてすべての人にお届けしたい」との願いから生まれた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から今年も昨年に続きオンライン形式で実施する。

今回は「KID’S GOWING STORY」と銘打ち「子どもたちの成長」がテーマ。80組の子どもたちとプロのオーケストラによる「オンライン共奏」のほか、管楽器や弦楽器を学ぶ子どもたちの「キッズオーケストラ」がプロのオーケストラと一緒の演奏が披露される。

参加オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団、山形交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団。

現在、「オンライン共奏」の参加希望者を募っている。対象は日本国内在住でバイオリン、ビオラ、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、トランペット、トロンボーン、ホルンのうちいずれかを演奏可能な15歳以下の男女。募集人数は80組(1組最大3人まで。複数人での応募の場合、2、3人目の応募者は対象楽器以外を使用しての参加も可能)。希望者は6月25日までに音楽宅急便特設サイトの専用フォームから応募する。応募者多数の場合は抽選。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ