岩田剛典&新田真剣佑 バディ役で初共演した『名も無き世界のエンドロール』早くも配信

dwango.jp news


岩田剛典新田真剣佑が表裏一体のバディ役で初共演した映画『名も無き世界のエンドロール』が、2021年6月29日(火)より映像配信サービス「dTV®」で配信開始される。



本作は、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーを務め、俳優としても多くの映画、ドラマでも活躍している岩田剛典と、現在公開中の映画『るろうに剣心 最終章 The Final』をはじめとした話題作に出演の新田真剣佑が、強い絆で結ばれた幼馴染として、10年もの歳月をかけて表と裏それぞれの社会をのし上がり、日本中を巻き込んだ“ある計画”を実行するまでを描くサスペンス・エンターテイメント。

物語のカギを握る二人のヒロイン役を、演技派女優として傑出した存在感を示す山田杏奈、現在放送中で話題のTBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』に出演する中村アンが熱演。原作は「第25回小説すばる新人賞」を受賞した行成薫による傑作小説『名も無き世界のエンドロール』(集英社文庫刊)。監督は『ストロベリーナイト』、『累‐かさね‐』などを手がけてきた佐藤祐市が務めた。

劇場公開時には、タイトルにもあるラスト20分の”エンドロール”が多くの話題を集め、予想外の展開を驚く声に加えて、登場人物たちの儚くも切ない想いへ共感する声など、この映画の一言では言い表せない魅力が溢れた。

今回、dTVでは同作の半年後を描くオリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~』を制作したことから、いち早くdTV会員に対して映画本編の配信を提供するべく、見放題配信を実現。既に映画を観た方もそうでない方も、映画に隠されたトリックを答え合わせするように繰り返し楽しんでほしいという。

さらにdTVでは、2021年2月4日(木)に実施した映画×ドラマW大ヒット記念舞台挨拶イベントの模様を収めた特別映像も配信。映画本編に加えて、特典映像とオリジナルドラマあわせて“名も無き”の世界観をまるごとお届けする。

(C)行成薫/集英社
(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ