三代目JSB「Welcome to TOKYO」×400名の大乱闘! トニー・ジャーの飛びヒジもさく裂する映画『唐人街探偵 東京MISSION』新予告

SPICE


7月9日(金)公開の映画『唐人街探偵 東京MISSION』から、新たな予告編が解禁された。

『唐人街探偵 東京MISSION』は、映画『僕はチャイナタウンの名探偵』シリーズの最新作。東京を舞台に日本、中国、タイの探偵たちが難事件に挑む多国籍作品だ。本国中国で旧正月初日の2月12日に公開されると、初日に興行収入約10.1億元(約164億円)を記録。これまでに750億円(Box Office Mojo調べ)を超える興収を稼ぎ出している。同シリーズは警察官になり損ねたチン・フォン(リウ・ハオラン)とその叔父タン・レン(ワン・バオチャン)が探偵として様々な難題に挑むコメディで、第3作にあたる本作は日本が舞台に。リウ・ハオランやワン・バオチャンに加え、実写『モンスターハンター』のトニー・ジャーのほか、妻夫木聡、長澤まさみ、染谷将太、鈴木保奈美、浅野忠信、三浦友和ら日本からのキャストも多数参加している。
(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”
(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”

解禁された映像は、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEによる挿入歌「Welcome to TOKYO」を使用した新たなバージョンの予告編。妻夫木演じる探偵・野田昊が日本にやってきたタン・レンとチン・フォンを迎え入れ「Welcome to TOKYO!」と大声で叫ぶと、同曲とともに大乱闘がスタート。一般客や職員などに扮していた刺客たちが探偵たちに襲い掛かかり、激しい闘いが繰り広げられる。


総勢400名を超えるエキストラやスタントマンが動員されたこのシーンでは、大階段やロビー、空港内を走るカートを利用しつつ、目まぐるしいカメラワークでアクションが展開。中国探偵コンビのタン・レン(ワン・バオチャン)とチン・フォン(リウ・ハオラン)、日本の探偵・野田昊(妻夫木聡)らの映像が挿入されるほか、タイの探偵で元刑事のジャック・ジャー(トニー・ジャー)が得意のジャンピングエルボーをさく裂させるシーンも収められている。
(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”
(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”

『唐人街探偵 東京MISSION』は2021年7月9日(金) 公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ