児童買春を未然に阻止 警視庁の「涙ぐましい地道な努力」がネットで話題 

しらべぇ

(KEN226/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
児童買春」というキーワードが14日、ツイッターのトレンドワードに上がった。

そんな中、2019年5月から運用が開始されている警視庁生活安全部・少年育成課の公式ツイッターアカウントがネット上で「涙ぐましい」「仕事とはいえキツイな」と話題を呼んでいる。

■通常ツイートは平穏


「20歳未満の飲酒はNO!」「4月は『若年層の性暴力被害予防月間』です」といった注意喚起ツイートを中心に、時には「少年柔道・剣道基本けいこ【入門編1】」と題して、柔道・剣道の礼法を約5分の動画にまとめるなど、中高生ツイッターユーザーに向けてアレコレ発信し続けてきた同アカウント。

投稿対象の年齢層が限定的なためか、約3,200フォロワーと警視庁が運営するツイッターアカウントの中では存在感が薄い部類に入り、新たな発信もあまり多いとはいえなかった。

関連記事:30代男性の3割が芸能人のSNSに書き込み経験あり 「好きなアイドルに返信」

■リプライは鋭く…


しかし、真骨頂はその「リプライ」(返信)攻勢にある。10代半ばと思われるユーザーが「#援助 #JK」などのハッシュタグを付け、明らかに援助交際やパパ活相手を募集している投稿を発見すると、同アカウントはその投稿に返信。

「こちらは警視庁少年育成課です。このツイートは児童買春などの被害につながるおそれがあります」とコメントを添え、「絶対に許すな子供への性犯罪」と題されたおどろおどろしい画像を添付していく。



■数が尋常じゃない


しかもその警告リプライの数、尋常ではない数なのだ。前述「20歳未満の飲酒はNO!」などの注意喚起ツイートは月1回くらいのゆったりペースなのに比べ、件の警告リプライは13日だけで約200回。

しかもどんなシステムなのか詳細不明だが、2時間の間にすべてその投稿を行っているのだ。リプライの投稿先を見ると、すでにアカウントを消して逃亡するユーザーも多く、この監視はかなりの効果を生んでいるもよう。犯罪の根源を根絶やしにするスタイルだ。

■「涙ぐましい地道な努力」


ネット上では、少年育成課の警告リプライに「すごい…」「本当にお疲れ様です」「警視庁少年育成課のリプ欄地獄なのだが」「涙ぐましい地道な努力」と称賛と驚嘆の声が次々上がっている。

一方で「手動だったら闇落ちしそうなきつい仕事だろうなぁ」「めっちゃ忙しそう…頑張って…」とその返信システムに興味を抱くユーザーもおり、さらに盛り上がりを見せている。

・合わせて読みたい→道中発見した警告文、その内容に衝撃 「大いに危険」の先で待ち受けていたのは…

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ