愛される女性が「無意識」にしていること3選

愛カツ


常に周りに男性がいて、愛されている女性。

彼氏ができると「この子を手放したくない」と大事にされ、関係が長続きすることが多いです。

そんな女性に共通するのは「男性を大事にできる」こと。

言葉にすると簡単そうですが、実際は難しいですよね。

そこで今回は、愛される女性が「無意識」にしていることを3つご紹介します。

愛される女性が「無意識」にしていること3選

■ 彼を否定しない

「デートでここ行こうよ!と言ったら『いいね!』ってまず言ってくれる。そのあとにここに行きたいと自分の主張をしてくれる。いきなり全否定する以前の彼女と大違い」(28歳/金融)

「前の彼女が文句ばっかりで、仕事をしていたら『帰りが遅い』だの、プレゼントを買ったら『そんなのいらない』だの。毎回ディスられて嫌になった」(27歳/専門商社)

一般的に、男性はプライドの高い生き物。

自分の決定したことを否定されると、プライドが傷つけられてしまうことがあります。

もちろん、相手の意見にまったく賛同できないこともあるでしょう。

そんなときでもまずは相手の選択を尊重して、そのうえで「それいいと思うよ、でもね……」と自分の意見を述べるのがベターです。

いきなりの全否定はなにもいい結果を生みません。

愛される女性は、まず相手を受け入れてから自分の意見を言うのです。

■ 彼の仕事に理解がある

「仕事で本当に忙しいとき『どうして会えないの?』と言われるとうんざりするけれど『仕事がんばって!次でいいから』と言ってもらえると、彼女のために絶対なんとかしたいと思います」(28歳/商社)

「自分は仕事中心の人生なんだけれど、なかなかそれを理解してくれる女性はいない。前長く付き合った子はそれを理解してくれた」(32歳/コンサル)

社会人の恋愛は仕事との折り合いをつけざるを得ませんし、男性にとって仕事は自分の生きがい、プライドであり「一番大事なこと」であることが多いです。

仕事を尊重してもらえないと、男性は「大事にされている」と感じられません。

もちろん仕事ばかりでまったく会えないのは問題ですから、度が過ぎる場合は相手の男性と話し合うべきですが、本気で仕事を頑張っている「いい男」に対しては、できるだけ相手の仕事を理解するように心がけましょう。

■ 自分のことを大切にする

「いつも一緒にいたい、ではなくて大事なときにいてくれる。そうされると、こっちがいつも一緒にいたくなるね」(29歳/広告代理店)

「自分の思い通りにならないことがある子のほうがいいかな、退屈しないし刺激をもらえるから」(33歳/IT)

男性の本性、それは狩猟脳です。

多くの男性は新しい刺激を求めるのが好きで、安定状態を嫌う傾向があります。

相手の女性に尽くされたり、自分の言いなりになったりと「安定状態」になると、急に自ら関係を壊しはじめるなど、女性からすると理解できない行動に走ることも。

そういったトラブルを防ぐため、本当に愛される女性は自分を安売りしません。

「相手を大事にする」のと同時に「自分も大事に」します。

その結果、男性はその女性を常に追いかけようとするのです。

まわりくどいですが「自分を大事にすること」が愛されることにつながるのです。

■ 男性のことをよく理解するのが大事

愛される女性は、上の3つが無意識にできていることが多いです。

つまり男性のことをよく知っているのです。

たとえば、試験では一夜漬けで勉強してうまくいくこともあると思いますが、男性のことは「一夜漬け」では学習することはできませんよね。

知り尽くしていないと、なかなか無意識のうちに行動できないものです。

一夜漬けではなくコツコツと男性心理を覚えて、愛される女性を目指しましょう。

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ