True Colors FASHION: 身体の多様性を未来に放つ ダイバーシティ・ファッションショー

NeoL



シンガポール - Media OutReach - 2021年6月7日 - から、True Colors FASHIONでは世界有数のテック企業やファッションブランドと多彩なモデルたちのコラボレーションにより革新的な作品を発表。True Colors FestivalのYouTubeチャンネルで公開されている、ランウェイショーやキャストへのインタビューからなるこのビデオシリーズは、人間の創造性を最大限に引き出し、テクノロジーがもたらす無限の可能性を表現している。

「コンピュータが発明されて以降、ソフトウェアで問題を解決できるようになり、人と人とのつながりが容易になってきました。今回のファッションショーでは、多様な人々がテクノロジーを駆使したファッションで自分自身を表現することを目指しています。」と語るのは、総合ディレクターを務めるメディアアーティストの落合陽一 。

視線で音楽を奏でるDJでALS患者の武藤将胤、広告キャンペーンやファッションのランウェイを飾ってきた聴覚障害のあるモデルのPippi、『五体不満足』が累計600万部を超すベストセラーになった乙武洋匡、網膜色素変性症のあるパラクライミング日本代表選手の濵ノ上文哉などがモデルとして参加。

ロボット工学を応用した義肢装具のスペシャリストXiborg、音の情報を光と振動に変換するONTENNA、メジャーブランドで初めて本格的なアダプティブラインを立ち上げたTommy Hilfiger Adaptive、デヴィッド・ボウイなどの著名人の衣装を手がけたKANSAI YAMAMOTOなどの企業とコラボレーションを行った。

「足がないことが走ることの障害になっていない状態を作りたいと思っています。義足で走ることが日常的になるようにしたい」とXiborgの創業者でソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャーの遠藤謙は言う。

本企画は金森香をプロデューサーに迎えたファッションドキュメンタリー、渋谷ファッションウィークでの展示に続くTrue Colors FASHIONの企画第3弾。ドキュメンタリーはYouTube で見ることができる。

なお本企画は一般社団法人DRIFTERS INTERNATIONALとの共催で、公益財団法人東京都歴史文化財団・アーツカウンシル東京からの助成、Aputureからの協賛を受け開催される。

Visit: True Colors Festival websitehttps://truecolorsfestival.com/program/adaptive-fashion-show-diversity-tech-true-colors-fashion-the-future-is-now/#TrueColorsFestival

当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ