千葉雄大、“モフワル師匠”哀川翔との初共演に感動しきり「すごく嬉しくなっちゃって」

dwango.jp news


イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。シリーズ累計発行部数全世界2億5000万部を超え、2018年に初めてハリウッドで実写映画化されると全世界興行収入が約386億円を超える大ヒット。

あれから3年、ピーターが今度は“モフワル”になって帰ってきた。『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』(6/25(金)より日本公開)より、前作に引き続きピーターラビット役を務めた千葉雄大と、今作で初めて映画アフレコデビュー、都会の地下組織の大ボス・バーナバス役を務めた哀川翔の“人間の冷蔵庫から絶妙なコンビネーションで野菜を盗み出す<ピーターのモフワルデビュー>シーン”アフレコ映像が到着した。


今回解禁された映像は、湖水地方から家出して都会に向かったピーターが、都会の地下組織のボス・バーナバスに手ほどきを受けながら、初めて人間の家の冷蔵庫から野菜や果物を盗むシーン。バーナバスが巨大な冷蔵庫を目の前に難なく跳び蹴りで冷蔵庫を開ける姿を見たピーターは、それを真似してみるが失敗に終わってしまう。「冷蔵庫は都会のエサ場だ」とバーナバスが言うように、溢れんばかりに詰め込まれた野菜や果物に驚くピーター。

そして「どこの家の冷蔵庫もこうなの?」とバーナバスに尋ねるが、「いや、大抵はテイクアウトの容器と特別な日のためのシャンパンしか入っていない。飲む日なんて来ないのに」「それって悲しいね…」と、都会で生き抜く動物たち以上に“悲壮感に溢れた人間たち”の姿を、ピーター役の千葉とバーナバス役の哀川が絶妙な間合いで語りあうシーンとなっている。

前作から引き続き、主役のピーター役として続投する千葉。前作の公開後に「『ちょっと腹黒いところが(ピーターと)共通する部分もありますねっ』みたいな意見はいただきましたね(笑)」と語り、モフワルの師匠・バーナバス役の哀川との初めての共演については「声を聞いて、すごく嬉しくなっちゃって。あっ哀川さんだっ!て。バーナバスっていうのは悪い一面もありつつ、でも人がついていきたくなるようなウサギだと思うので、哀川さんの本当についていきたくなる優しさとか、大きい背中とか声がすごく素敵だなと思いました」と、感動しきりの初共演だったことを振り返った。

本作でピーターの“モフワル師匠・バーナバス”として、初めて映画のアフレコに挑戦した哀川は“ウサギのワル”という一風変わった役作りに試行錯誤。「物語の展開が早いんで、テンポを崩さず、その上で“ある程度落ち着きを持ってるバーナバス”を演じるというところが難しかった」とその苦労を語ると同時に、「大丈夫かってくらい(“モフワルの道”)へ引き込みました」とモフワルの師匠らしい一面を覗かせた。

■映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』

6月25日(金)全国ロードショー

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ