テレ朝・斎藤ちはるアナが“勝ち組”に!「乃木坂の2軍だったのに…」

まいじつ

テレ朝・斎藤ちはるアナが“勝ち組”に!「乃木坂の2軍だったのに…」 
(C)karelnoppe / Shutterstock

元『乃木坂46』で現テレビ朝日アナウンサー・斎藤ちはるが、『FRIDAY』にお泊まり愛をスクープされた。お相手はTBSの小林廣輝アナウンサーとのこと。アイドル時代は2軍止まりなイメージだった斎藤だが、卒業後は勝ち組の人生を歩んでいるようだ。

「FRIDAY」の記事によると、6月上旬に斎藤アナは小林アナの住むマンションに、1人で入っていったという。そしてその一時間後に2人がマンションから出てきて、早めのディナーを楽しんだそうだ。しかし、それで終わりではなく、相合傘でマンションに戻ってきた2人は、そのまま小林アナのマンションでお泊り。記事には実際に斎藤アナと小林アナが連れ添って歩く写真なども掲載されていた。

この報道にネット上では、

《乃木坂の2軍だったのに勝ち組過ぎる》
《斎藤ってアイドル時代はやばいレベルで不人気だったのに》
《アイドル辞めて局アナというのが1つの成功ルートなんだな》
《彼氏の方知らないけどイケメンすぎる》

といった声が。また斎藤はテレビ朝日、小林はTBSのアナウンサーであるため、《どうやって知り合ったのか気になる》などとも言われていた。

2軍アイドルから一転して勝ち組人生へ


「アイドル時代の斎藤を振り返ってみると、やはりお世辞にも〝超人気アイドル〟ではなかったように思われます。初の選抜入りを果たしたのも1期生の中で1番遅く、2軍の控えといった立ち位置でした。しかし明治大学への入学を経てアナウンサーになると、アイドル時代とは打って変わって大活躍を見せることに。いきなり『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)の2代目アシスタントに抜擢されるなど、成功へのレールが予め敷かれていたような印象さえ受けます」(芸能記者)

女子アナ転身、レギュラー番組獲得、イケメン&高学歴彼氏ゲットと、絵に描いたようなサクセスを続ける斎藤。しかし肝心なアナウンサーとしての仕事ぶりには、

《いつまでも噛み噛みなのをなんとかしてほしい》
《この人ってしょっちゅう噛み倒してるのに、なんで降板されないの?》
《なんか実力で仕事を取ってる感じじゃないのが印象悪い》
《正直アナウンサーとしては実力不足》

といった厳しい声も寄せられている。

交際相手とウワサされている小林アナには〝二股疑惑〟が浮上中だが、斎藤アナに対する批判の声は〝やっかみ〟によるものも少なからず含まれているのだろう。彼女には世間の声など気にすることなく、今後も順風満帆な勝ち組人生を送ってもらいたい。

【画像】

karelnoppe / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ