ミスド、噛みごたえがありすぎる新メニュー 甘さ控えめで挑戦的な一品だった

しらべぇ




ミスタードーナツは11日から、おやつだけでなく食事としても楽しめる新商品を発売。どのような味なのか気になったので、最寄りの店舗まで足を運んでみることに。

画像をもっと見る

■食べ飽きないドーナツがコンセプト




今回の新商品は、テーブルロールのように食べ飽きないドーナツをコンセプトに開発された「むぎゅっとドーナツ」。これまでにない食感を生み出すために、食パンづくりに使用される「湯種製法」を採用し、かなりの噛みごたえを実現したという。



このシリーズは4種類が展開されていたので全てを購入し、食べ比べてみることに。はたして、どれが一番美味しいのだろうか。

関連記事:ファミマ、カレーパン好き要注意の新商品 しかし味は「めっちゃうまい…」

■シンプルな味がポイント




まずは、北海道産小麦粉を使用した「むぎゅとドーナツオリジナル」(イートイン:143円/テイクアウト:140円)から。



商品名通りの「むぎゅっと」した食感と、噛むごとにほんのりと甘さを感じるシンプルなウマさがたまらない。

■レーズンの甘さに思わず…




そして、「むぎゅっとドーナツチーズ」(イートイン:154円/テイクアウト:151円)は、生地にチーズが折り込まれており、かなりの香ばしさ。甘さは控えめで大人向けの味といえる。



「むぎゅっとドーナツレーズン」(イートイン:154円/テイクアウト:151円)は、大粒のレーズンが良いアクセントとなっており、爽やかな甘さがプラスされた。

■一番のお気に入りは「レーズンシナモン」




記者一番のお気に入りは、「むぎゅっとドーナツレーズンシナモン」(イートイン:165円/テイクアウト:162円)。



レーズンだけでなくシナモンシュガーの甘味が濃厚で、食べ始めると止まらなくなってしまう。毎朝これを食べるのをルーティン化しようかと思うレベルだ。

新発売となった「むぎゅっとドーナツ」4種を食べて感じたのは、かなり甘さが控えめだということ。同店が食事としても楽しめると謳っている意味が少し分かった気がした。挑戦的な一品となっているので、気になる人は購入してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→スタバの新ドーナツ、ひと口で気づく明らかな変化が 「過去最高に美味い」と確信

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ