黒デニムを使いたい4つの「こんなとき」

GISELe

カジュアルなのに気品を感じさせ、シンプルでも決して手抜きには見えない。そんな黒デニムをもっとキレイに「なぜか目にとまる」コーディネートに仕上げる4つの秘訣。

【クレジット一覧はこちら】黒デニムを使いたい4つのとき

PLAN-A
「丁寧にワントーン」
調和のとれたワントーンづくりに欠かせない黒デニム。真っ黒ではない、グレーがかったスミ黒のデニムで重さや膨張などの懸念も解消。

【1】
「+肌感のあるトップス」

脚を細長く見せる
ややフレアのクロップド丈

トップスはキャミの上から薄手のカーデをもう1枚。軽さの出るスミ黒のデニムでグラデっぽいワントーンに。

PLAN-B
「黒スキニーの長所を生かす」
カジュアルでも女らしいスタイルづくりに欠かせない、すらりとした黒スキニー。甘さを引き締めたり、モードな雰囲気を堪能したり。心地よさ重視の今だから映える、ほっそり感を有効利用。

【2】
+ふんわりとしたそでトップス

トップスのボリュームを
削いでシャープに転じる

デニムのすその前後差も引き立つ、白ソックスで緊張感のあるIラインシルエット、をカジュアルにアレンジ。エレガントなボリュームそでの甘さも中和。

【3】
+ルーズなシルエット

リラックス&ソフトなニットに
黒スキニーでキレを加算

定番化したゆったりシルエットのトップスとの合わせにも、改めて黒スキニーが活躍。全体の配色とトップスを重めにしつつ、足元だけを軽く。

【4】
+Iシルエットのノースリーブ

長く&細い組み合わせを
デザインシャツでアップデート

フロントに黒ボタンが連なったデザイン性の高いシャツ。丈が長めだから、スキニーで気になるヒップラインを目くらまし。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ