「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」 新しいビストロで味わう多彩な夏グルメ

IGNITE


グルマンの視線を捉えること確実な、ホテルのレストランのお話。



■「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」に新たなビストロ誕生

2002年10月、全57室のスモールラグジュアリーホテルとして東京駅八重洲南口徒歩3分という好立地に開業した「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」。コンテンポラリーなデザインで機能性にも富み、小規模である利点を活かしたフレンドリー且つきめ細かいサービスで宿泊客を迎ええている。

この6月「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」に新たなフレンチビストロ「MAISON MARUNOUCHI(メゾンマルノウチ)」がオープンした。



香港「ベロン」を「アジアのベストレストラン50」4位に押し上げたダニエル・カルバート氏が総料理長に就任したこのモダンビストロは、完全リニューアルによって装いも新たな空間へと変貌を遂げた。

ロンドンやニューヨーク、カリフォルニアで輝かしい経験を積んだペストリー・シェフ、エルウィン・ボイル氏は、独創的なスイーツを様々に展開する。ヘッドバーテンダーに就任した浦田晃一氏は、国産ジンやウイスキー、さらには日本の食材を多用したモクテルなどで新たな世界観を表現する。

「MAISON MARUNOUCHI」で堪能できる、バラエティーに満ちた魅力的な美食の数々を紹介しよう。



■時間によって表情が変わる多彩なメニュー

「MAISON MARUNOUCHI」の料理は、時間によってその表情を多彩に変化させていく。

朝食

気軽に楽しめるコンチネンタルブレックファストから伝統的な和食まで。単品を好きに組み合わせるスタイルももちろん、楽しめる。椎茸の出汁で甘辛く煮付ける「キンキの煮付け」から自家製サワードゥに柚子胡椒やタイバジルを利かせたアボカドトースト、山梨産のオーガニック卵から作るオランデーズソースが決め手のエッグベネディクト、など考え抜いたその内容は多彩だ。

コンチネンタルブレックファースト ¥3,200
丸の内ブレックファースト ¥5,000



ランチ

前菜とメイン、デザートプレートに人気店「ヴァーネル」のパンやアルチザンコーヒーまたは紅茶が付いた週替わりのセットメニューは平日だけのお楽しみ。

MENU DU JOUR(メニュー デュ ジャー) ¥5,000



金曜日午後を格上げしてくれるスペシャルなランチもある。スペシャリテでもあるジャンボン・ブール、ステークフリットにはベアルネールソースを添えて、クームキャラメルのデザートに、「ヴァーネル」のパンやコーヒー・紅茶が付いている。

MAISON PREMIUM(メゾン プレミアム)¥12,000

土日限定フライドチキン

12時間以上スパイスに漬け込んだシェフ独自の製法で、表面はサクサク中身はジューシーな特製フライドチキン、コブサラダ、たっぷりの野菜やコーンブレッド、シェフパティシエのアーウィンによるレモンメレンゲパイなど、伝統的かつ表情豊かな味わいを堪能できる。

丸の内フライドチキンコース ¥6,500



アフタヌーンティー

熱いものは熱く、出来立てはフレッシュなうちに、皿ごとにサーヴする独自スタイルの「アフタヌーンティー」。とてもガストロノミックで、グルマンも満足できる内容だ。

アフタヌーンティー (平日)¥6,000(土日祝)¥6,500



朝から晩まで美食に浸るホテルステイもいいかもしれない。

公式サイト:http://www.fourseasons.com/jp/tokyo/

※価格は税・サ抜

(冨田格)

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ