土田玲央らが『人間椅子』を令和にオマージュ、関俊彦が『二十六夜まいり』を語る!

Rooftop


unnamed.png

株式会社81プロデュースは、 豊島区後援のもと2021年7月12日に朗読劇を開催することを発表。

演目は、 大ヒット作『スマホを落としただけなのに』シリーズの作家・志賀晃氏の書き下ろし短編小説であり、 江戸川乱歩の『人間椅子』オマージュ的作品である『令和・人間椅子』を土田玲央(池袋ウエストゲートパーク:尾崎キョウイチ役/あんさんぶるスターズ!:朱桜司役など)、 大久保瑠美(スイートプリキュア♪:調辺アコ・キュアミューズ役/無能なナナ:柊ナナ役など)、 南早紀(八月のシンデレラナイン:野崎夕姫役/アイドルマスターシリーズ:白石紬役など)の3名がヒトヨシノビタのピアノ演奏とともに演じる。

そして武田鉄矢原作の、 太平洋戦争末期における鹿児島知覧での特攻隊を描いた感動の名作絵本『二十六夜まいり』を、 関俊彦(鬼滅の刃:鬼舞辻無惨役/NARUTO:うみのイルカ役など)、 小林優子(ポケットモンスター:オーキド・シゲル役/忍たま乱太郎:山本シナ役など)、 山下七海(アイドルマスターシンデレラガールズ:大槻唯役/邪神ちゃんドロップキック:キョンキョン役など)の3名が、 黒井健さんの絵に合わせて朗読。

チケットの発売開始は6月18日(金)からを予定。 詳細はこちらの特設ページを。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ