マツコの「そうめんの食べ方」が最高すぎる これは定番化したい…

しらべぇ




暑くて食欲がないときでも、ツルッと食べられるそうめん。タレントのマツコ・デラックスが番組内で紹介した食べ方を、しらべぇ編集部でも試してみたところ、そのおいしさと、手軽さに感動した…。

画像をもっと見る

■「冷やし中華のつゆ」で食べる




編集部が注目したのは、今年5月18日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)。

汁なし袋麺の特集の中で、マツコが「あたしね、冷やし中華の甘酢みたいな、酸っぱいタレあるじゃない? そうめんで、あれをつけて食べるの。めっちゃおいしいわよ! やってみ!」と、独自の食べ方を紹介していた。

今回は、しらべぇ編集部員が最寄りスーパーで発見した、ミツカン「冷やし中華のつゆしょうゆ」で試してみることに。

関連記事:セブンイレブン、季節感ガン無視の商品が話題 じつは時代のニーズに適合していた

■少し硬めに茹でるのがポイント




マツコいわく、そうめんは「少し硬めに茹でる」のがポイント(好み?)のよう。表示時間より少し早めに湯切りし、冷水にさらす。



今回編集部員が購入した冷やし中華のつゆはストレートタイプだったため、そのままそば猪口に注ぐだけ。

めんつゆの場合は、分量通りに計って水で薄める作業が発生するが、冷やし中華のつゆを使えば、この手間も省けてしまうというわけだ。

■冷やし中華より軽くてさっぱり!




実際に、そうめんを冷やし中華のつゆにつけて食べてみると…定番のめんつゆよりも濃い味ではあるものの、ほどよい酸味があるのでかなりさっぱりとした味わい。

冷やし中華の中華麺よりも、そうめんのほうが軽い…というのもあり、夏の定番麺料理のいいとこ取りといった感じだ。なお、マツコによるとごまダレでもおいしいとのこと。

■「邪道」だと思っていた




この食べ方について、マツコは「これ、あんまり人に言わないでいたの。なんか…怒られるかなと思って」と話しており、そうめんの食べ方としては邪道だと感じていたため、今まで公言してこなかったという。

しかし、番組の特集の中で汁なし麺にはこれに似た味わいの商品があることを知り、「言っていいよね、堂々と」と自身の味覚やセンスに自信を持った様子。

夏場には重宝するものの、マンネリ化しやすいそうめん。凝った調理工程なども一切ないので、このマツコ流アレンジもぜひ試してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→柴咲コウ、『人生最高レストラン』で極端すぎる食生活を告白 謎に包まれた素顔も

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ