ゴジラが新日本プロレスに入団? 新日本プロレスとの異種最強コラボ決定

クランクイン!

 新たな公開日が7月2日に決定した映画『ゴジラvsコング』と、人気プロレス団体「新日本プロレス」との異種最強コラボレーションが決定。コラボポスタービジュアルや、ゴジラ好きの獣神サンダー・ライガーの指導の下、ゴジラが新日本プロレスの入団テストを受ける姿を捉えた映像が公開された。

本作は、ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、『GODZILLA ゴジラ』(2014)より展開してきたハリウッド版『ゴジラ』シリーズと、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)の壮大な世界観がクロスオーバーする、「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。日本からは俳優の小栗旬が、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮という重要な役どころを演じ、ハリウッドデビューを飾る。

既に公開された42の国と地域では、全ての国で映画週末興行ランキングNO.1を獲得する特大ヒットを記録。北米では3週連続ランキング1位と累計で9900万ドルを突破し、コロナ禍での最高記録を更新し続けており、全世界累計興収もすでに4億3800万ドル(約479億円)を突破している。

そんな本作の新たな公開日が7月2日となり盛り上がりを見せる中実現したのが、本作と新日本プロレスとの異種最強コラボレーション。オカダ・カズチカや棚橋弘至らの人気レスラーが参戦して2年ぶりに復活する「KIZUNA ROAD 2021」と、真夏に全国にてアツい戦いが繰り広げられる「SUMMER STRUGGLE 2021」という、新日本プロレスを代表するビッグマッチシリーズ大会とコラボする本企画。解禁されたポスタービジュアルには、新日本プロレスの名物レフェリーのレッドシューズ海野が、ゴジラとコングのビッグマッチを裁く姿が描かれ、そこに「地球最大の究極コラボ」というコピーが添えられ、迫力満点のビジュアルに仕上がった。

さらに、大のゴジラ好きで知られるレジェンドレスラーの獣神サンダー・ライガー指導の下、ゴジラが新日本プロレスの入団テストを受ける衝撃のコラボ映像も解禁。映像では、昨年の引退後初めてバイオアーマーに身を包んでリングに上がったライガーが、ゴジラを相手にクイズや体力測定などのテストをするのだが、最終的にはなぜかゴジラとの究極マッチが行われ、結果、ゴジラがライガーを倒し、ゴジラの入団が認められるというストーリーが展開されている。

ライガーは、「ライガー対ゴジラの、リングでの異次元対決をぜひ見て頂ければと思います!」とコメントした。

映画『ゴジラvsコング』は7月2日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ