さんま、“教え子”花澤香菜&日高里菜との再会に「変な感じやなぁ」


声優の花澤香菜と日高里菜が、カンテレ・フジテレビ系バラエティ特番『さんまのまんま初夏SP』(18日20:00~21:58 ※一部地域除く)で、同番組に初出演する。

『やっぱりさんま大先生』『あっぱれさんま大先生』で子役デビューし、今や人気声優となった2人。22年ぶりの再会となる花澤と18年ぶりの再会となる日高に、明石家さんまは「変な感じやなぁ」と戸惑いながらも子役から声優になったきっかけを尋ねる。また、さんまが花澤にアニメ『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃の声をおねだりして喜ぶ場面も。

そんな中、2人は映画『漁港の肉子ちゃん』をプロデュースしたさんまに「なんで私たちに声を掛けてくれなかったんですか~!」と訴えるも、さんまの「大竹しのぶの代わりできる?」との返しに、「それはちょっと難しいかも…」と肩をすぼめてしまう。その後、次回作の出演を見据えてさんまが即興のオーディションを開催。2人が披露したトカゲやセミの声にさんまの反応は…。

さらに、新婚の花澤にさんまが切り込む場面も。花澤の相手が声優ということで「お互いで(仕事の)練習したりすんの?」「料理はすんの?」「彼のことは何て呼んでんの?」といった質問攻めに、花澤が赤面。

収録を終えて花澤は「一気に緊張とれた。(日高は)めっちゃローラをやってた(笑)」、日高が『プリキュア』シリーズ最新作『トロピカル~ジュ! プリキュア』のローラの声を披露したことを明かした。そんな日高は「すっごく楽しかった」と満足げな様子。さらに、「(さんまに)『また共演できることがあれば』って言葉をかけてもらい、すごいやる気につながるなと思いました」と、さんまの言葉をうれしそうに口にした。

花澤は「さんまさんがアニメを作られている時期と重なったのは運命のような気がしています。しかも声優の話もたくさんできて。すごく貴重な体験でした。ぜひ見てください」と見どころを語った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ