ALSOK、事前に調べて密を回避する「ALSOK混雑状況配信サービス」販売開始


ALSOKは、カメラ画像を利用することで混雑状況を手軽に施設のホームページやデジタルサイネージへ配信できる「ALSOK混雑状況配信サービス」を販売開始した。

本サービスはコロナ禍のもとで密を避けたいという店舗や施設利用者からのニーズの高まりを受け、セキュア社の混雑状況分析プラットフォーム「SECURE群衆カウントソリューション」をベースに共同開発された。対象の施設や店舗等の混雑状況を施設利用者がホームページの閲覧などを通して事前に確認できるようになるため、混雑緩和を促しながら、感染症対策と集客の両立が可能となる。

警備用に設置された画像センサや防犯カメラの映像を利用し、分析はクラウド上で行うため、導入に際して分析装置の購入は不要(※ただし利用できる機器には制限がある)。また1カメラあたり最大4つまでエリアを分割して分析が可能。ホームページに配信する際も、複数のカメラの合計人数で混雑状況を変化させられるため、施設内のエリア単位・施設全体など細かな設定ができる。なお情報配信用のページは管理画面からURLを生成することができ、それをホームページやデジタルサイネージに表示すればよいとのこと。

カメラ1台あたりの解析費用(1日12時間、5分に1回の解析の場合)は月額11,000円(※工事費は別途)。2022年3月分までは月額7,370円で提供する。販売エリアは全国で、小売店、病院、スポーツジム、博物館、水族館、飲食店、自治体、ワクチン接種会場などを対象に販売する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ