TOYOTA、「プリウス」にブラックカラーの特別仕様車を設定


TOYOTAはこのほど、「プリウス」ならびに「プリウスPHV」を一部改良するとともに、「プリウス」には特別仕様車「S“ツーリングセレクション・Black Edition"」と「A“ツーリングセレクション・Black Edition"」を設定し、発売した。

「プリウス」「プリウスPHV」の一部改良の主な変更内容としては、8インチディスプレイオーディオを標準装備(プリウスのEグレードを除く)、「ナノイー」を標準装備(プリウス : A、A“ツーリングセレクション"、プリウスPHV : Aプレミアム、A)、プリウスの外板色にブラキッシュアゲハガラスフレークを採用など。価格帯(税込)は、「プリウス」259万7,000円~364万円。「プリウスPHV」338万3,000円~401万円。なお、一部の地域では価格が異なる。

また、「プリウス」特別仕様車(ベース車 : S“ツーリングセレクション"/A“ツーリングセレクション")の主な特別装備は、気品が際立つブラックカラーの内外装やブラック加飾を施した17インチアルミホイール、Bi-Beam LEDヘッドランプ。センタークラスター・インパネオーナメント、サイドレジスターベゼルなどにダーク基調の加飾など。

外板色は、特別色のプレシャスブラックパールのほかツートーン2色を含む全6色。そのほか、アルミペダル(アクセル・ブレーキ)を特別装備している。価格帯(税込)は、294万7,000円~341万4,000円。一部の地域では価格が異なる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ