結婚してからも仲良し!ずっと愛し合えるカップルの特徴3つ

愛カツ


たくさんの人と恋をして、恋愛経験を重ねることも大事ですが、できるならひとりの男性と長く付き合って、結婚も考えられる関係になったらいいですよね。

彼とそんな関係性を築くにはどうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は、ずっと愛し合えるカップルの特徴を3つご紹介します。

結婚してからも仲良し!ずっと愛し合えるカップルの特徴3つ

■ お互いに高めあえる

関係が上手くいっているカップルは、お互いに切磋琢磨し合っています。

たとえば「仕事でこんなことがあった」と話し、「もっと頑張らなきゃいけない」と思ったなど。

お互いの経験を通じて、人として成長していくのはとても大事なことです。

好きという恋愛感情さえあれば、ふたりの関係が上手くいくわけではありません。

恋愛感情は、一般的に「3年まで」と言われており、それを過ぎると相手への気持ちは次第に落ち着いていきます。

そうしたとき、相手と変わらぬ関係でいるには、「〇〇でなければ……!」という気持ちを抱ける付き合い方をすることです。

彼との関係以外でも仕事、プライベートでの自分磨きを怠らないようにしましょう。

そうした努力が相手に刺激をもたらし、お互いに成長できる関係をもたらすはずです。

■ フラットに付き合う

念願の彼氏ができると、つい気持ちが舞い上がってしまうと思います。

付き合った当初はお互いに意識しているので、肩に力が入ってしまう女性も多いかもしれません。

でも、恋は「頑張ってムリして」するものではありませんよね。

仲のいいカップルを思い浮かべてみてください。

どんな小さなことでも相手に話して、相手の情けないところは許し合っている印象はありませんか?

大事なのは、等身大の自分で相手と付き合うことです。

今はどんなに仲良く見えるカップルも、付き合ううちに相手のことが分かるようになり、譲り合うこともたくさんあったはずです。

たとえば連絡頻度しかり、彼の休日の過ごし方しかり。

相手を受け入れて、尊重してあげる姿勢は、結婚後も大切になってきます。

彼といろんなデートを楽しみ、たくさん話し合いをしながら、お互いにとって居心地のいい関係を築ける工夫を意識してみてください。

■ スキンシップを怠らない

恋愛に対して「恋人とイチャイチャするもの」という、イメージを抱いている女子は多いのでは?

一見軽視されがちな恋愛ですが、恋人とイチャイチャすることって、相手と関係を築くうえでとても大事なことなのです。

イチャイチャできない関係は、たちまちふたりの関係が破たんしてしまいます。

相手のことをどう思っていて、どんな風に「好き」の気持ちを伝えられるのかは、付き合うなら絶対に欠かせないポイントです。

それこそ彼と手を繋いだり、ハグをしたり。

関係が落ち着いてきても、彼にプレゼントをあげたり、デートをしあったり。

お互いに「気持ちを通い合わせる気持ち」がなければ、すれ違いが起こってしまい、関係は冷え込んでしまうので注意しましょう。

■ 長く関係を続けるために

これらのポイントを意識できれば、ふたりの関係は数十年経っても安泰です。

結婚の話もスムーズに進められ、結婚後も幸せな関係を築けるでしょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ