白に合えば正解の「レトロ柄スカート」

GISELe

白との合わせが一番輝く
注目のレトロ柄スカート
注目のレトロ柄が一番華やぐのは白との合わせ。そして、気張って見えずちょうどいいさじ加減に着地できる選択のポイントは「白に合わせて浮かない」こと。組み合わせの好例を、3つのおすすめスカートとともにご紹介。

【01】
+白トップスで統一感の出る
「白地の柄スカート」

ゴールドが散りばめられた花柄も、不規則なヘムラインのおかげでどこかクールなスカート。白どうしの境界線を明確にするかのような、ベルトの黒がウエストをきゃしゃ見せ。

【02】
「小粒ドット」を選んで
気張らないモノトーンを表現

素材も形も美形な白Tをさらっとまとい、ドット柄のガーリーさを抑制。柄自体も黒ベースを選ぶことで、上下でモノトーンをつくれば落ち着いて見える。足元はラフなビーサンで、気どらないのがベター。

【03】
短いそでの抜け感で
「懐かしい配色の柄」もすっきりと


インポート素材の、ライトブルーとピンクの「寒暖差配色」が目を引くストライプ。印象的なスカートだからトップスは極力ミニマルが正解バランス。ダイナミックなゆれ感がカジュアルすぎない雰囲気をもたらす。

【あわせて読みたい】
「細く・長く見える」|先に続くロングスカートの選び方6つ

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ