『キングオブコントの会』に豪華メンバーが感無量 「夢が全部詰まっている」

しらべぇ




コント日本一を決める大会『キングオブコント』の歴代王者らが一堂に会した、『キングオブコントの会』(TBS系)が、あす12日よる7時より3時間スペシャルで放送される。

■松本の20年ぶり新作コントも


同番組は、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さまぁ~ずバナナマンが出演。

大会歴代王者の東京03、ロバート、バイきんぐ、シソンヌ、ライス、ハナコに加え、ファイナリストのチョコレートプラネット、ジャングルポケット、ロッチ、さらば青春の光という総勢29名のメンバーが集結してコントを披露する。

12作品のコントはオール新作で、松本の20年ぶりとなるテレビコントを見られることでも話題となっている。

関連記事:歴代チャンピオンらが一堂に集結 『キングオブコントの会』放送

■顔を見るだけでウルッと




あすの放送を前に、収録を終えたメンバーからのコメントが到着した。

さらば青春の光:今回、僕らが作ったコントは「クリーニング店」です。通しの一発本番でやったのですが、気合が入りすぎて一発では満足できず二度目をやらせてもらったのですが、見事にNGを出しまくってしまいました。めちゃくちゃダサかったです…。

空回りしてしまいましたが、めちゃくちゃ楽しかったです。ロバートの馬場さんだけおもしろメイクをしているので、馬場さんのアップに注目してください(笑)。





シソンヌ:思っていた通りの仕上がりになりました。今回、「キャンプ」というコントで、さまぁ~ず・大竹さんに“会社に30年身を捧げてきたおじさん部長の哀愁”を織り交ぜたキャラクターを演じていただいたのですが、大竹さんの顔を見るだけでウルッとしたのと同時に笑っちゃいそうにもなりました。


■メンツがすごすぎて…





ジャングルポケット:このメンバーに入れた喜びがあった後に、自分たちでネタ作んなきゃいけないんだっていう重責に押しつぶされる感じがありました。

出演者のほとんどが『キングオブコント』で優勝している方々なので、大丈夫かなっていう不安はありました。メンツがすごすぎて…。現役でまだ『キングオブコント』に出ているのって僕たちだけなので、優しい目で見てもらいたいです(笑)。





チョコレートプラネット:芸人でもうやることはないなと思いました…。夢が全部詰まっている番組です。一流のコント師とネタができるというのは、すごく贅沢で感動しました。

我々がオファーした芸人が集まってくれたので、ネタに厚みが出ましたし、今回、工場が設定のコントなのですが、本当に工場で働いていそうな芸人をキャスティングしたのでリアリティが出ていると思います。

■病みつきになりそう





東京03:今回の「クイズ番組」というコントは、普段、我々ではやらないような種類のコントでした。共演のバナナマンの設楽さんにはド派手にいってもらいました。我々では設楽さんのような派手な役を演じられないので楽しくて、今回で快感を覚えました。

普段は“日常”をメインにやっている分、こんな派手なコントが今後病みつきになりそうです。





バイきんぐ:今回、「壁」というコントを作って皆さんに演じてもらったのですが、イメージ通りの動きとテンションでやってもらえてありがたかったです。

とくにバナナマンの日村さんは素晴らしいと思いました。声を張るところなど、一度伝えただけですべてが理想通りでした。やはり百戦錬磨というか、ずっとコントをやってこられた人なんだなと思いました。

最後にプチトラブルが起きるのですが、それも一つの見どころです。普段、コント中はどんなトラブルが起きても笑わないようにしているのですが、あれは結構笑っちゃいました。


■優勝しておいてよかった





ハナコ:今回、さまぁ~ずさんと「舞台監督」というコントをやらせてもらいました。僕らが作ったコントの中で、大竹さんには変なおじさんを演じていただいて、それを三村さんがツッコんでくれている状況にとても感動しました。さまぁ~ずさんとガッツリ共演できて光栄です!





ライス:僕らが作った「バスジャック」というコントに参加してもらったさらば青春の光の森田が熱演してるので、そこに注目していただきたいですね。

さらば青春の光とは、ずっと一緒にコントをやってみたいと思ってました。こういう機会がないと一緒にコントできなかったですし、ほんと『キングオブコント』で優勝しておいてよかったと思いました。

■もうちょっと続けたかった





ロッチ:キャストもセットも中身もすべて豪華。我々の中では“バブルコント”でした。経験できなかったバブル時代のコントを楽しませてもらいました。さまぁ~ずさん、バナナマンさんが我々の考えたコントのキャラクターにピッタリで、完璧な状態でコントをやらせていただきました!

また、今回、番組スタッフに発注するもののすべてにNGが一切出なかったことに驚きました。まさにバブルでしたが、でき上がったセットなどを見るたびにどんどんプレッシャーになっていきました…(笑)。ラストもめちゃくちゃびっくりしましたし、おもしろかったです。





ロバート:長尺のコント収録を終え、生放送を1本終えた感じです。OKが出た後も、もうちょっと続けたかったという余韻がありました。

「お昼の生放送」という大勢で演じるコントは、元々ロバートでやろうとしていたネタでしたが、3人なので無理だなと諦めていました。けど、今回で夢が叶いました。感無量です。こんな豪華なメンバーでやれて、最高です!

・合わせて読みたい→加藤浩次、チョコプラ大ブレーク後の恥ずかしい変化を暴露 「売れてない頃は…」

(文/しらべぇ編集部・けろこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ