神様、僕は気づいてしまった「4体の神による6篇の物語」を描く新プロジェクト始動 新曲MV公開

Billboard JAPAN



神様、僕は気づいてしまった(以下、神僕)が新曲「パンスペルミア」をリリースした。

「パンスペルミア」は、神僕の新プロジェクトの一環となる新曲。このプロジェクトでは、4体の神による6篇の物語を起点とし、音楽と漫画が展開されていく。小学館『ゲッサン(月刊少年サンデー)』では、バンド名と同名の漫画『神様、僕は気づいてしまった』の連載もスタートしたほか、神僕の公式Instagramでは、漫画に登場する“4人の神”にまつわる情報や、物語を紐解く情報を発信していく予定とのこと。「パンスペルミア」は物語のために書き下ろされた主題歌となる。

併せて、「パンスペルミア」のミュージック・ビデオも公開。実写とアニメを融合させた、バンドにとって初のアニメーションMVとなっている。

https://youtu.be/Fb6kJDLbTeI

◎東野へいと コメント
新しい試みが開始されます。70億人が住む星には、70億通りの時間、70億通りの怒りや悲しみ、そして70億通りの孤独が二つとなく存在し、それらが一つの空の下で共有されます。物語の彼、彼女らもまた1/70億の人生という種として芽吹いていく中で、一つの舞台に手繰り寄せられていく。開かれる花が天使か悪魔かは僕ら次第。そんなきっかけの象徴になれたらいいという願いを込めてつくりました。

◎リリース情報
シングル「パンスペルミア」
2021/6/11 RELEASE

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ